TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】MIO、TOMOMIの気迫に苦戦も一本背負いを決め判定勝利

2019/04/27(土)UP

フルマークの判定で勝利を収めたMIO(右)

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2019 act.2』
2019年4月27日(土)東京・後楽園ホール

▼第6試合 SB日本女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○MIO(24=シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●TOMOMI(グラップリングシュートボクサーズ)

 ここ2年KO勝ちを逃しているMIOは、Girls S-cup2018の決勝で敗北したイリアーナ・ヴァレンティーノとの再戦を見据え、この一戦は「KOは必須」と語った。対戦相手のTOMOMIは前J-GIRLSミニフライ級王者・MISAKIを擁するグラップリングシュートボクサーズ所属。ジムが持つ豊富なMIO対策を活かしてKO勝利を奪えるか。

 1R、MIOがパンチをTOMOMIの顔面に固め打ち。積極的に手を出すMIOに対し、TOMOMIは接近して投げを仕掛けるも不成立。TOMOMIは右オーバーハンドからの組みを狙うが、MIOはパンチを固め、ラウンド終了直前には右ヒザをボディに突き刺す。

MIO(左)がTOMOMIを投げてシュートポイント獲得

 2R、TOMOMIが積極的に前進し、ワンツーから組みを狙う。MIOが後手に回るように見えたが、TOMOMIが体ごとぶつけてくる右ストレートをつかみMIOの一本背負い。シュートポイント3が宣告される。

 3R、まだ体力に余裕があるTOMOMIが打たれても前進。MIOは左アッパーを合わせる。ポイントで大きく負けているTOMOMIは積極的に投げを狙っていく。ペースを握ったTOMOMIは徐々に打撃でもMIOを押し込み、左右フック、左ヒザを打ち込む。終了直前にも首投げを狙うTOMOMIだったがノーシュート。ジャッジは3者ともMIOの勝利を支持した。

リングインしたイリアーナ

 試合終了後に29日にKNOCK OUTで試合を控えるイリアーナがリングイン。日本はホームと語るイリアーナは、MIOの試合を見て強いと評価した。2日後に小林愛三を撃破し、シュートのクイーンとして7月のGirls-Scupに戻ってくることを約束した。

 MIOは試合内容を反省し、成長した姿を見せられなかったと反省。7月のGirls-Scupで再戦したいと語った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・MIOが計量パス、イリアーナとの再戦のためにKO必須

・2年間KO勝ちがないMIOがパンチ強化策「KO勝ち癖をつける」

・MIOの相手に3連勝の新鋭TOMOMIが大抜擢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別