TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】良星がスピードあふれる技術戦を制して宮元啓介に勝利

2019/04/29(月)UP

キックスロード
『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』
2019年4月29日(月)東京・ベルサール高田馬場

良星(右)のハイキックがヒット

▼第3試合 55.5kg契約 3分5R
●宮元啓介(INNOVATION・橋本道場/元WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者)
判定0−3 49−50、49−50、47−50
◯良星(らすた/平井道場/Bigbangスーパーバンタム級王者)

 宮元はガードを高くして前に出る。そして細かな前蹴り、左三日月蹴りを飛ばす。良星はこれにパンチを主体に対抗し、さらに威力ある左右ローも蹴りつける。だが、宮本はこの蹴りを浴びても表情を変えず、変わらず前に出る。組み合いになると宮元はコツコツとヒザを入れていく。良星は組みを嫌い、プッシュして押し放しローを打ち込む。

 2R、宮元は組みに活路を見出したか、組み狙いを強化する。良星が離れた位置からワンツーで飛び込みミドルに繋いでも宮元は下がらない。

 組み合いでは宮元がヒザ・ヒジと手数が多いが、ここで良星が左フックをクリーンヒット。宮元は崩れそうになるがコーナーで何とか持ちこたえ、良星のラッシュから逃れると飛び後ろ回し蹴りを放つが、これは良星にかわされ起死回生の1発とはならず。

 2Rの採点は3者10-9で良星。

 3R、良星は間合いを取ってフットワークを使い宮元をさばく。しかし宮元は接近戦に持ち込むとヒジを振るい、組みついてヒザ。このヒジで良星の左目じりをカットする。良星は組んでくる宮元を逆にロープへ押し込み、ボディフックからアッパーを連係する。

 3Rの採点は3者10-10でイーブン。

 4R、両者接近戦ではともに縦ヒジを突き立てるが、そこから組み合いに持ち込まんとする宮元、離れての戦いを維持しようとする良星と狙いは分かれる。良星のローに宮元は影響を見せず、ヒジを振りつつ良星にプレッシャーを掛けロープ際から出させない。

 5R、宮元は前に出ていくが、良星は力を込めた右ロー、左ミドルと蹴りを入れてストップに掛かる。

 前に出る宮元だが、組み狙いのため手数が少なくなり、逆に良星のパンチ連打から蹴りといったコンビネーションをガードの上からではあるが浴びてしまう。前進する良星に右ヒジをカウンターする宮元だが、カットは奪えない。良星は顔面前蹴りからハイキックと当て、さらに右ロー、ジャンプしての2弾蹴り式左ハイと放って試合を終える。

 判定は50-49、50-49、50-47の3-0で良星。スピードあふれる技術戦を制した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・那須川天心に”4度目の正直”狙う良星、宮元啓介を「きっちり倒したい」

・Bigbang王者・良星が初参戦、宮元啓介と対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別