TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】小林愛三が気迫の勝利、イリアーナにリベンジ果たす

2019/04/29(月)UP

キックスロード
『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』
2019年4月29日(月)東京・ベルサール高田馬場

前蹴りを決める小林愛三(右)

▼第4試合 50kg契約 2分5R
◯小林愛三 (NEXT LEVEL渋谷/MuayThaiOpen女子フライ級王者)
判定3−0 ※50-48、50-47、50-47
●イリアーナ・ヴァレンティーノ(イタリア/Kick And Punch/Gracie Fighter Dojo/Girls S-cup2018女子48kg世界トーナメント優勝)

 両者は、昨年7月に行われた「SHOOT BOXING Girls S-cup ~48㎏世界トーナメント2018~」の1回戦で対戦。イリアーナのカウンターのバックハンドブローでダウンを喫した小林は、判定で敗北。イリアーナはその勢いのままトーナメント優勝した。

 リベンジを狙う小林は昨日の前日計量で「イリアーナには日本人3人(=小林愛三、MIO、MISAKI)が負けているのですが、私が先にリベンジさせてもらうことになり、めちゃくちゃ準備してきました」と気合い十分で挑む。

 1R、小林は開始とともに前蹴りで突進するが、これはイリアーナがさばく。小林はその後もやる気を見せ、前に出てプレッシャーを掛けイリアーナをロープ際から出させない。だが、イリアーナもリーチある左ストレート、バックブローと振るう。そして逆に前へ出て小林にロープを背負わせると、左ヒジを振るってヒットする。

 2R、小林はやはり前に出てイリアーナをコーナーに詰める。ワンツー、ハイキック、ミドルと打ち込み攻勢の小林。イリアーナがフットワークで回り、左インローを打ち込んでも小林は圧力を緩めず、逆に右インローを効かせ左ストレートをヒットさせる小林。

 3R、小林は右インローを連続ヒットし、イリアーナは左ストレートを伸ばすが、小林はこれをかわして右ストレートをヒット。小林は圧力を落とさず、イリアーナを下がらせつつ追い、このラウンドを終える。

 4R、やはり前に出る小林はイリアーナが組んできても組み負けない。そして再び距離があくと右インローを効かせ、イリアーナの打ち終わりに右ストレート、右縦ヒジと振るう。さらに右ストレートを当て、イリアーナがミドル、バックブローと返して来ても気力で下がらず応戦する。

 5R、イリアーナの右内ももは小林の右インローで真っ赤になっている。イリアーナはバックブローを見舞うが小林は当てさせず、右ミドルで飛び込み、組み合いになると右縦ヒジを振り下ろす。打ち合いでも右ストレートから左フック、そしてヒジを振るっていき、気迫でイリアーナを下がらせる。

 判定は50-48、50-47、50-47の3-0で小林。昨年敗れたイリアーナにリベンジを果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・計量パスの小林愛三「ヒジでガンガン行く」

・小林愛三、初黒星をつけられたイリアーナに「5倍以上に返してやる」

・小林愛三vsイリアーナ・ヴァレンティーノ再戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別