TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】町田光がヒザ攻めで岩城悠介を降し復活勝利

2019/04/29(月)UP

キックスロード
『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』
2019年4月29日(月)東京・ベルサール高田馬場

町田光(左)が最後まで手を緩めず攻め立てて勝利

▼第5試合 61.5kg契約 3分5R
◯町田 光(INNOVATION・橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)
判定3-0 
50-46、50-46、50-46
●岩城悠介(PCK連闘会/聖域統一スーパーフェザー級王者)

 1R、左右ローを放ってリングを回る岩城に対し、町田はミドルを飛ばして対抗。そこから居合パンチの構えを見せるが、ここはまだパンチを繰り出さない。岩城にロープを背負わせると町田は連打をまとめ、そこから左フックでとらえる。町田はリズムに乗ってきたか、右ストレートからの左フック、右・左とミドルを当てて初回を終える。

 1Rの採点は3者10-10でイーブン。

 2R、パンチとローで行かんとする岩城を町田は左右のミドルを飛ばしてストップする。岩城はこれにパンチの連打からヒジを織り交ぜ対抗する。町田はしかし組み合いから岩城を振って投げ、岩城にペースを掴ませない。左ミドル・左インロー・左ジャブ・右ローと細かな攻撃を岩城に当てていく町田。

 2Rの採点は3者10-10でイーブン。

 3R、町田はギアを上げてきて、左フックから右ストレート、ミドルと打ち込み、岩城に組みつき組み倒す。後手となる岩城に町田は連打からの居合パンチ、ボディへのヒザと見舞う。

 右ストレートを伸ばす岩城だが、町田はどんどん前に来てヒザを打ってきて反撃に移れない。町田はヒザをさらに連打で送り、ダウンを奪取する。

 3Rの採点は3者10-8で町田。

 4R、町田は組んでのヒザで攻勢を続行。町田は離れた距離では飛びヒザで飛び込み、そこから組むとボディ打ちを交えたヒザを打ち込み、そして岩城をマットに投げ捨てる。岩城は立ち上がるのに時間を要し、体力の消耗がうかがえる。町田は連続で岩城を投げていく。

 5R、町田はボディへのパンチを主体に攻めるが、岩城もカウンターの縦ヒジを振るう。町田はミドル、ボディへの飛びヒザと失速せずに攻勢を続行。岩城は右ストレート、右クロスと力を込めるが町田をとらえられず、町田はジャブ・ストレートからボディへのヒザで最後まで手を緩めず攻め立てて試合を終える。

 判定は50-46、50-46、50-46の3-0で町田。ボディへの攻めで岩城を攻略し、昨年末アジアトーナメント1回戦で敗退して以来の試合で勝利した。

 試合後、町田はマイクを持ち「みなさま、ごめんなさい、倒せなくて。僕の技術不足です。でも今日はたくさんのお客さんに来て頂いてほんとうに嬉しいです。僕はキックボクシングが罵り合いや相手を馬鹿にする戦いではなく、もう1個上のステージに行けると思ってます。まだまだこれからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」と観客に呼びかけた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・町田光「海外トップ選手に挑みたい」 居合パンチでクールジャパン目標

・東北の雄・岩城悠介、リスペクトする町田光の「全てを奪ってやろう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別