TOP > 試合結果個別

【ONE】アサラナリエフがアミール・カーンにKO勝利、ライト級GPの決勝進出

2019/05/17(金)UP

ONE Championship
『ONE:Enter the Dragon』
2019年5月17日(金・現地時間)シンガポール・インドア・スタジアム

▼ONEライト級ワールドグランプリ セミファイナル
●アミール・カーン(シンガポール)
KO 1R2分50秒
○サイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)

 今年1月から始まった1年をかけて争われている「ONEライト級ワールドグランプリ」の準決勝戦。
 アサラナリエフは16年のプロ2戦目からONEを主戦場としており、現在までに7勝1敗の好戦績を収めている成長著しい選手だ。
 17年のゲオルギ・ストヤノフ戦では、破壊力抜群のパンチで圧倒的に試合を支配しながらも、反則攻撃(サッカーボールキック)による失格負けでプロ初黒星を喫することとなったが、その後は3連勝をマーク。特に昨年9月の試合では、アルバレスをKOに仕留めたナシューヒンに対し、1R1分57秒でKO勝ちを収めている。
 カーンは11の勝ち星のうち、8勝がKO・TKO、2勝がサブミッション。アサラナリエフは7の勝ち星のうち、5勝がKO・TKO、2勝がサブミッション。高い決定率を誇るファイター同士となった。

 1R、 アサラナリエフはカーンのバックをとり持ち上げてマットに叩きつけ上になるが、カーンが脱出しスタンドへ。圧力をかけ前に出るアサラナリエフは左右フックをクリーンヒットさせると、駄目押しの右アッパーでカーンを沈めアサラナリエフのKO勝ちとなった。

●編集部オススメ

・シンガポールのアミール・カーンが欠場選手に代わって急遽参戦=5.17ライト級GP準決勝

・青木真也の初防衛戦が早くも決定、挑戦者は指名したクリスチャン・リー

・青木真也が肩固めで王座奪回、ONE初の日本大会は劇的幕切れに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別