TOP > 試合結果個別

【K-1 KRUSH】木村ミノルがダウン奪われるも逆転悶絶KO勝利、初防衛果たす

2019/05/18(土)UP

木村は強烈なパンチの連打でKO勝利で初防衛を果たした

Krush実行委員会
『K-1 KRUSH FIGHT.101』

2019年5月18日(土)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合 K-1 KRUSH FIGHTウェルター級タイトルマッチ 3分3R延長1R
◯木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チーム キングス)
KO 2R 1分43秒
●近藤魁成(大成会館)
※木村が初防衛に成功

蹴りで攻める近藤

 木村は破壊力抜群のパンチを武器に、戦績は27勝(20KO)9敗1分。昨年8月に塚越仁志をKOし、タイトルを奪取して今回が初防衛戦。11月のK-1でジョーダン・ピケオーにKO負けを喫したが、今年3月のK-1ではホープの和島大海をマットに沈めている。

 対する近藤はK-1甲子園の-65kg級を2017・2018と連覇。プロデビューは2018年3月で、戦績は2勝(2KO)無敗1分。3月のK-1では瑠久をパンチとヒザ蹴りの猛攻でKOした。プロわずか4戦目でのチャンス到来にタイトル奪取を狙う。

木村がダウンを奪われたあとパンチの猛攻でダウンを奪い返す

 1R、序盤は緊迫した距離の探り合い。木村が頭を振りながら左右のフックで攻める。対する近藤は木村の動きをよく見てジャブでけん制して右ローを返す。中盤、木村が飛び込んでパンチを振るわんとしたところにところに、近藤が飛びヒザを顎に当て込み木村がダウン。会場がどよめく中、木村は立ち上がってひるむことなく、遠い距離からの右ストレート、左フックをねじ込み、これに今度は近藤がダウン。近藤の目つきはしっかりしているが木村がパンチで畳みかけてよろめく。

左ボディを入れ木村がKO勝利し初防衛に成功した

 2R、近藤が前蹴り、ワンツーを伸ばしていくが木村はうまく距離をとってパンチをかわす。1R中盤ダメージが残る近藤に、木村がワンツーから強烈な左ボディでダウンを奪う。近藤のダメージは明らかだが立ち上がって果敢にミドルを返す。しかし、近藤が下がったところで木村が再び左右のフックからまたも左ボディでこのラウンド2回目のダウン。これに近藤はうずくまるように倒れて木村のKO勝利となった。

 防衛を果たした木村は「みなさん応援ありがとうございました。これだけ下馬評で(近藤選手が)不利だと言われて、意識飛んだのですけど近藤選手に大きな拍手を送って欲しいです。防衛したことより必死になりました。でも世界に行くにはまだまだだと思います。近藤選手が好きになりました。最高のファイターなのでこれからもチャンピオン目指してこれから一緒にやっていきましょう。これからもっと皆さんの前で試合をしていきたくて、K-1の両国大会にでます。K-1で大暴れする姿をぜひ見にきてください」とK-1再出撃を宣言した。

・試合結果一覧はこちら

●編集部オススメ

・木村ミノル「胸を貸すつもりは全くない」近藤を完全に蹴落とすと宣言

・近藤魁成、憧れの木村ミノル超えへ自信「失うものはないから1Rで倒す」

・木村ミノル「KO出来るヤツこそが一番」K-1を更なる高みへ

・プロ4戦目の近藤魁成、王者・木村相手に「倒されても最後は僕が勝つ」

・木村ミノルvs近藤と高梨vsC-ZUKAのタイトル戦がメインイベント、その後代理戦争の開催も決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別