TOP > 試合結果個別

【RISE】政所仁とのハイスピードバトル制した無敗王者・田丸辰が初防衛成功、階級上げ鈴木真彦のベルトを狙う

2019/05/19(日)UP

豪快な左ストレートをねじ込む田丸(左)

RISEクリエーション
『RISE132』

2019年5月19日(日)東京・後楽園ホール

▼スーパーフライ級(-53kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
○田丸 辰(平井道場/王者)
判定3-0(49-48、49-48、50-48)
●政所 仁(魁塾/J-NETWORKスーパーフライ級王者/同級2位・挑戦者)
※田丸が初防衛に成功

被せるフックが政所にヒット

 田丸はジュニア時代から数々のアマチュアタイトルを獲り、17年9月にプロデビュー。サウスポーで、卓越したボクシングテクニックとスピード・ディフェンスを持つ。昨年11月、デビューから1年2カ月でRISE王者となり、那須川天心戦を目標に現在9戦9勝の無敗街道を驀進中。

 政所は17年10月のRIZIN福岡大会にてキックルールで石井一成と対戦し、打ち合いを制して勝利。一躍その名を轟かせた。昨年11月にはJ-NETWORK王座を獲得。今年3月に元Krushスーパー・バンタム級王者・瀧谷渉太と挑戦者決定戦を争い、3Rにダウンを奪い勝利、今回のタイトル戦に挑む。

田丸の右ミドルが有効だった

 田丸は懐深く構えたサウスポー、政所はオーソドックススタイル。試合は政所が右フック、ヒザのコンビネーションで攻めると田丸は見極めかわしてはローを返すというお互い打ってはかわす応酬の中、3Rからお互いの攻撃がヒットし始める。3R序盤に政所の右のバックブローが田丸にヒット。中盤からは田丸の右ローキックが多く当たる。終盤、田丸が打ち下ろしの左フックを2連続でヒット。

 4Rには政所のヒザ蹴りが懐深い田丸のボディに当たりはじめるが、ラスト30秒には田丸がロープ際でフック連打をヒットさせる。
 

政所も強烈なハイキックを返すがあと一歩及ばず

 最終5R、序盤から打ち合う両者。今まではカウンターを狙っていた田丸が打ち合いに入ると、政所の返しの右フックがヒットする。互いに脚を使ったスピーディなパンチの攻防が続く。
 ラスト10秒を切ったところで、コーナーで互いに打ち合い、スリップでヒザをついた状態の政所に田丸のヒザが当たり、田丸がイエローカード。そのまま試合終了した。

 接戦だったが要所要所でカウンターをヒットさせていった王者がフルマークで判定勝利した。

 田丸はマイクアピールで「自分的にはナメていたわけではないんですが、倒せると思っていて。内容的にはどっちが勝ってもおかしくない、情けない試合をしてしまった」と語る。

 さらに「SNSでやりたい相手がいるということを書いたのですが、こんな試合内容では勝てる相手ではありません。自分は53キロでは敵がいないと思っているのですが、階級上げて55キロのタイトルマッチやらせてください」と階級を上げ、鈴木真彦が持つバンタム級のベルトを狙うと宣言した。

・試合結果一覧はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】無敗対決を制した16歳・田丸辰が初代王者に、那須川天心も祝福

・本日の試合【RISE】梅野源治が韓国王者にTKO勝利、7月準決勝で激突するリーと健闘誓う

・本日の試合【RISE】森本“狂犬”義久と篠塚辰樹の因縁対決は大激闘の末、森本が競り勝つ

・本日の試合【RISE】原口健飛が多彩な空手技で、北井智大を下す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別