TOP > 試合結果個別

【RIZIN】“キックの王子様”白鳥大珠が鋭い打撃見せ、豪腕・山口裕人から勝利

2019/06/02(日)UP

効果的な打撃でダメージを与えて勝利した白鳥大珠(右)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.16』
2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール

▼第5試合 スペシャルワンマッチ RIZINキックボクシングルール : 3分 3R(63.0kg)
●山口裕人(27=山口道場)
判定0-3
◯白鳥大珠(23=TEAM TEPPEN)

 極真空手をルーツとし、ボクシング時代にパンチとディフェンスを磨いた白鳥。モデル業のためか伸ばしていた前髪が、試合中に目にはいってしまうことが“直近の反省点”だったが、その前髪を今回はカット。試合に向けた心配事は無くなったという白鳥が剛腕・山口を相手にこれまで以上の自然体で試合に臨む。「2連敗しているけれど、ここで勝てばチャラ」とこの一戦にかける山口は、地元の応援団の声援を背に”キックの王子様”を撃破することができるか。

伸びのあるハイキックを蹴り込む白鳥

 サウスポーの白鳥、オーソドックスの山口、1R、開始早々から互いに一発ずつ重い打撃を交錯させる。左のハイ、ミドルキックを蹴り分けて、細かいジャブ、鋭いワンツーでプレッシャーをかける白鳥。ラウンド途中から右目下をカットし、山口からはダメージが感じられる。

 2R、前に出る山口を細かい打撃と左の蹴り、左のテンカオで削る白鳥。胴回し回転蹴りも見せてペースを掴んだように見える白鳥に対し、山口は攻めあぐねている印象。

 3R、白鳥の前蹴りが山口の顔面を捉える。白鳥の左ストレートとワンツーをガードでしのぐ山口。白鳥をコーナーに詰める山口だが頭から突っ込む山口と白鳥の頭がぶつかり、両者にバッティングの注意が与えられる。カウンターを狙う白鳥に対して、強引に距離を詰める山口。最後は互いに打ち合う展開となって試合終了。判定は効果的な打撃でダメージを与えた白鳥がフルマークで勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果はこちら

・髪を切った白鳥大珠「心配事は無くなった」、連敗中の山口裕人「一発当たれば倒せる」

・“キックの王子様”白鳥大珠、直近の反省点は「髪が長かった」

・那須川天心「1Rからぶっ倒そうと思います」=前日計量

・6.2神戸大会、前日計量結果と関連記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別