TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】山崎桃子がアグレッシブに攻め、空手黒帯の武井藍に勝利

2019/06/09(日)UP

フロントから相手の首を締め上げる山崎桃子

DEEP事務局
「DEEP JEWELS 24」
2019年6月9日(日)東京・新宿FACE

▼第5試合 DEEP JEWELSミクロ級 5分2R 
○山崎桃子(リバーサルジム 横浜グランドスラム)
判定3-0 ※三者とも20-18
●武井藍(本宮塾)

 路上ファイトで武勇伝を残し、かつては前田日明が主宰する不良格闘技大会『THE OUTSIDER』で初の女子選手として暴れまわった山崎。今回は怪我からの1年ぶりの復帰となる。 
 対する武井は2歳で空手を始め、小学5年で黒帯を習得。様々な大会に出場して優勝・入賞の経験を持つ。また、パワーリフティングやベンチプレスでも実績を残す異色ファイター。3月のDEEP JEWELSではこにしえみから秒殺勝利をあげている。

 1R序盤、蹴りから組み付きコーナーに押し込んだ武井は、首を抱えてパンチを打ち込む。これをしのいだ山崎は、逆に脚をかけテイクダウンに成功。そのままサイドに回ると下からの三角をしのぎ、立ち上がる武井にフロントから首を締め上げるなど、試合の主導権を握る。さらに、ニュートラルコーナーに押し込む武井に対してはヒザ蹴りをヒット。ブレイク後、蹴りに合わせてパンチ、そのまま組み付きロープに押し付けた山崎は投げに成功するも、終了ゴングが鳴る。

 2R、組みつきコーナーに押し込む武井に対し、押し込み返しヒザを打ち込む山崎。武井は首を取られながらも力でコーナーに押し込む。再び押し込み返した山崎。
 ブレイク後、武井の蹴りに対し山崎はパンチ連打を合わせる。さらに武井の左フックに合わせたカウンターのフックもヒット。コーナーの膠着でも山崎は相手にコーナーを背負わせ、ヒザの連打。残り30秒で再びテイクダウンに成功した山崎は、パンチ数発を当てポイントを稼ぎながら終了ゴングを聞いた。
 判定はジャッジ3名とも2ラウンド通じて山崎を支持。大声援に応え勝利をゲットした山崎の目には喜びと安堵の涙が光った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・川村虹花に敗れた山崎桃子が長期休養「這い上がったらリベンジさせて下さい」

・川村虹花が山崎桃子に秒殺TKO勝ち、榊原代表にRIZIN参戦をアピール

・中井りん、川村虹花ほかツヨカワ女子たちの6.9大会の前日計量の全結果(全選手計量写真あり)

・【格闘代理戦争】前田日明からの刺客いちごみるく、サングラスかけたまま計量クリアー

・【アウトサイダー】前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別