TOP > 試合結果個別

【K-1】玖村将史、ムエタイ・ラジャ4位を1RでKO葬

2019/06/30(日)UP

ムエタイ強豪のペッパンガン(左)から2度のダウンを奪った玖村

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』

2019年6月30日(日)東京・両国国技館

▼ 第1試合 K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント・一回戦(1)3分3R・延長1R
玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)
KO 1R 2分38秒 ※左フック
ペッパンガン・モー.ラタナバンディット(タイ)

 第6代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級王者の玖村将史に現ラジャダムナンスタジアム・フェザー級4位、ルンピニー・フェザー級5位ペッパンガンが挑む。
K-1両国大会の第1試合目からメインクラスの豪華カードとなった。

 1R、グローブタッチと同時にミドルキックを蹴るペッパンガン、玖村は隙を見せず受ける。
 玖村は圧力をかけパンチをまとめていく。左右のフック、ボディブローがヒットする。
ペッパンガンは右ミドルを何度も蹴って行くが玖村のパンチに対して反応が鈍い。終盤に玖村の右ストレートがヒットしダウン。
 立ち上がるペッパンガンだったが、続いて玖村のパンチの連打から左フックがペッパンガンのこめかみにヒットし再びダウン。
 1回戦は2度のダウンでKOとなるため、玖村のKO勝ちとなった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・Krush無敗の玖村将史、トーナメントで「世界一のテクニック見せる」

・6.30両国 ゲーオが優勝予告、ラジャ4位・20歳ムエタイ戦士の強さとは

・玖村修平、決勝で「史上最強の兄弟喧嘩を」弟・将史も瞳潤ませ決意

・玖村修平、必殺技に磨き「全部バックブローで倒して優勝しようかな」

・ラウンドガール「K-1 GIRLS」が名称変更し新メンバー決定、6.30両国大会に初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別