TOP > 試合結果個別

【K-1】武居由樹がリーバスをボディで1Rで沈める(動画あり)

2019/06/30(日)UP

KOし勝利の雄叫びを上げる武居

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』

2019年6月30日(日)東京・両国国技館

▼第3試合 K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント・一回戦(3)3分3R・延長1R
○武居由樹(POWER OF DREAM)
KO 1R 2分48秒 ※ボディ連打
●アレックス・リーバス(スペイン)

 優勝候補の大本命、現K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹(22=POWER OF DREAM)がいよいよ登場。ISKA アマチュアK-1ルール 世界フェザー級王者のアレックス・リーバス(18=スペイン)と1回戦で対戦した。

 この一戦は本来今年の3月対戦予定であったが、今回ようやく実現した。
 武居は「3月の試合は流れてから半年以上ずっと対策してきました。こんなのは初めてで、対策は完璧にできたと思います」と自信を見せる。
 一方、リーバスは、昨年11月にフェザー王者・村越優汰を1Rでダウンを奪って判定勝利する番狂わせを起こした剛腕ファイターだ。

 1R、お互いフェイントを使いながら様子を伺う。武居は前後、左右に動きながらパンチを出して行く。

武居のボディがヒットし苦しむリーバス

 武居のストレートがヒットするがリーバスは平然とジリジリ前に出る。しかし武居が左の三日月蹴りをボディに放つとリーバスの動きが止まり武居は一気にボディにパンチをまとめるとリーバスがダウン。
 立ち上がったが武居が再びボディを連打すると、マウスピースを吐き出しながら再び沈み、武井が1RでKO勝利した。

※全試合結果はこちら

▼武居vsリーバス試合動画

●編集部オススメ

・バンタム級世界最強は誰か、魔裟斗一押しの武居由樹「勝つことが僕の責任」

・6.30両国大会、魔裟斗の最注目選手は?

・武居由樹「3試合で武尊選手を越える」強豪揃いのトーナメント制覇を誓う

・日本vs世界の対抗戦、開幕は武居由樹が1ラウンドKOで圧勝

・ラウンドガール「K-1 GIRLS」が名称変更し新メンバー決定、6.30両国大会に初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別