TOP > 試合結果個別

【K-1】小澤海斗がムエタイ王者・鷹大を圧倒、ダウン寸前に追い込む(動画あり)

2019/06/30(日)UP

自分のペースで試合を進めた小澤(右)が判定勝利

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』

2019年6月30日(日)東京・両国国技館

▼第5試合 スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R・延長1R
○小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定3-0 ※三者とも30-28
●鷹大(WSRフェアテックスジム西川口)

 鷹大は今年4月のK-1 KRUSH FIGHT後楽園大会で、三輪裕樹をパンチでマットに沈めると「強いヤツなら誰でもいいので、どんどんやらせてください」とアピール。K-1初参戦となる今大会では、フェザー級のトップファイターであり、第2代K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者の小澤海斗と雌雄を決することになった。
 K-1が現体制になって以降、ウィラサクレックジム所属の日本人選手として、初の本戦出場を果たす鷹大。WMC(世界ムエタイ評議会)世界タイトルをはじめ、WPMF(世界プロムエタイ連盟)日本の二階級のタイトルを合わせ3つのタイトルを持つ王者だ。

 サウスポーに構える小澤、オーソドックスの鷹大。お互い蹴りで探り合うがラスト30秒で小澤が飛び蹴りを出したことをきっかけに小澤がパワーあるパンチ、ヒザで詰めて行く。

 2R、圧力をかける小沢。ミドル、ヒザ、パンチで詰めて行く。しかし鷹大はじっくり見て小沢の蹴りに蹴りで返していく。
 鷹大がローを蹴ると小澤はそれに合わせパンチをまとめる。終了ゴング間際、鷹大のローに小澤が左フックを合わせクリーンヒット。これで鷹大が倒れるもゴング直後だったためダウンにならず。

 3Rも飛びヒザからパンチ、そして左ヒザ連打など攻撃が止まらず、鷹大は距離をとって回避しパンチを返すが届かず。
 小澤の攻撃に鷹大はほとんど手が出ず、小澤のペースで試合が進み、フルマークの判定で勝利した。

※全試合結果はこちら

▼今回の試合動画

●編集部オススメ

・小澤海斗が延長戦でダウン奪い復活勝利

・鷹大、フェザー級トップファイターの小澤戦は「人生のターニングポイント」

・移籍し再出発の小澤海斗「迷いが無くなった。躊躇なく行く」

・芦澤竜誠が小澤海斗を突き飛ばし乱闘に発展

・ラウンドガール「K-1 GIRLS」が名称変更し新メンバー決定、6.30両国大会に初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別