TOP > 試合結果個別

【ONE】アルバレスが元王者フォラヤンから大逆転の一本勝ち

2019/08/02(金)UP

フォラヤンに覆い被さり、チョークを極めるアルバレス

ONE Championship
「ONE:DAWN OF HEROES」
2019年8月2日(金)マニラ・モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by ONE

▼第4試合 ライト級
●エドゥアルド・フォラヤン(35=フィリピン)
一本 1R ※リアネイキドチョーク
○エディ・アルバレス(35=アメリカ)

 フォラヤンは、中国拳法・散打仕込みの打撃を得意とする選手。ONEの第1回大会から出場し、16年11月には当時2度の王座防衛に成功していた青木真也を下してONEライト級世界王者に。17年には一度タイトルを失うも、その翌年に王座に返り咲いたが、今年3月の青木真也との再戦で敗れて王座陥落となった。

 対するアルバレスは06年にMARS(現在は消滅)、08年からはDREAMに参戦して数々の名勝負を残した、日本でも人気の高い選手。09年からベラトール、14年にはUFCに進出、それぞれで世界ライト級王座を戴冠した。
 19年3月の両国大会でONEデビュー。ONEライト級ワールドGPトーナメント準々決勝で、ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)と対戦するも、まさかの大番狂わせで初回KO負け。しかしナシューヒンが負傷欠場のため、アルバレスが敗者復活で準決勝へ進出した。

 フォラヤンが先制の左フックをヒット。多彩な足技を見せるフォラヤンのカーフキックでアルバレスは座り込むようにダウン。フォラヤンは上からパウンドを落とすが、足に手をかけたアルバレスがスイープに成功。うつぶせになったフォラヤンの上に覆いかぶさったアルバレスがリアネイキドチョークを極め、一本をもぎ取った。

 アルバレスは試合後のマイクで「こんな試合ができるとは思わなかった」と興奮。そして「アイラブユー、マニラ!」と喜びを爆発させた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【UFC】エディ・アルバレスが初回TKO勝ちで王座奪取

・元UFC王者エディ・アルバレス、敗者復活で準決勝へ「タイトルを獲るまで二度と負けない」

・青木真也は二人いる? 一瞬でプロレスラーからMMA解説者への変化に”別人すぎる”

・【ベラトール】堀口恭司のMMA史上初の2団体ベルト戴冠、あの人たちはどう見たか

・【修斗】全員グラドルの2019年ラウンドガール6名、イメージカラーは赤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別