TOP > 試合結果個別

【ONE】”破壊神”ロッタンが新王者に! ハガティからダウン奪い判定勝利

2019/08/03(土)UP

新王者となり泣き顔のロッタン

ONE Championship
「ONE:DAWN OF HEROES」
2019年8月2日(金)マニラ・モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by ONE

▼第5試合 ONE世界ムエタイフライ級タイトルマッチ
●ジョナサン・ハガティ(22=英国)
判定0-3
○ロッタン・ジットムアンノン(22=タイ)

1R、ハガティの前蹴りがロッタンを苦しめる

 ハガティは英国の天才ストライカーと呼ばれ、2016年にISKAムエタイ世界スーパーフェザー級王者となり、今年1月のONEに初参戦し、元WBCムエタイ世界スーパーバンタム級暫定王者のヨゼフ・ラシリにヒジ打ちでダウンを奪うなど圧倒し判定勝利、2戦目となる5月2日のジャカルタ大会では、ルンピニースタジアム二階級王者でONEムエタイフライ級王者だったサムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)と対戦し、2度のダウンを奪い早くも新王者となった。ムエタイのレジェンドを破ったハガティは「次はロッタンとやりたい」とリング上で初防衛戦の相手を指名していた。

那須川戦同様に鬼気迫る表情でどんどん前に出るロッタン

 対するロッタンは那須川天心と激闘を繰り広げたことで日本でもおなじみの選手。その圧倒的な攻撃力から“破壊神”の異名を持つ。ハガティがタイトルを奪って8日後のバンコク大会で2RでTKO勝ちしたロッタンは、勝利後のインタビューで「チャンピオンのハガティとやりたいか」という質問に「私は世界タイトルを取ることが夢でした。ですので、すぐにタイトル戦に向かいたい」と王座挑戦に意欲を示していた。

 開始直後はリーチに勝るハガティが前蹴りでロッタンを突き放し、ロッタンが距離を詰められない展開が続く。ロッタンが2Rから徐々にプレッシャーをかけ始めるが、ハガティは前蹴りをフェイントを入れながらロー、ミドルを打ち分け攻め込ませない。

ロッタンのパンチの連打で防戦一方となるハガティ

 3R開始直後にハガティの左ハイキックがロッタンにヒットしたことをきっかけに、ロッタンがスイッチを切り替えたかのようにプレッシャーを強める。左右のフックから右ローのコンビネーションでハガティをロープに詰め、打ち合いもお構いなしとばかりに前進を続ける。4Rには左ボディを嫌がり距離を取るハガティを追い、飛び込みながら放った左フックからの右フックでダウンを奪取。立ち上がるもすっかりロッタンにペースを握られたハガティは、逃げるようにフットワークを使い、ロッタンがうんざりした顔でカモンジェスチャーを見せる。

 5R、倒さないと勝てないハガティは長距離から前蹴り、長いリーチのストレートを見せるが、打ち終わりに見せるロッタンの回転のいい左右フックに追撃できず。。

 判定はジャッジは三名ともロッタンを支持。その瞬間、念願の王者となったロッタンは泣きながらその場に座り込み喜びを爆発させた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】22歳ハガティが”ムエタイレジェンド” サムエーからダウンを奪い新王者に「次はロッタンを」

・那須川天心がムエタイ最強の敵ロッタンに大苦戦、延長戦で辛勝し号泣

・ロッタン王座獲得ならず、16歳ルンキットに敗れる

・青木真也は二人いる? 一瞬でプロレスラーからMMA解説者への変化に”別人すぎる”

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別