TOP > 試合結果個別

【ONE】松嶋こよみが前半勝負を挑むもKO負け、二階級王者ニューイェンのパウンドに散る

2019/08/03(土)UP

最後は動きの止まった松嶋をニューイェンがパウンドの連打で仕留めた

ONE Championship
「ONE:DAWN OF HEROES」
2019年8月2日(金)マニラ・モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by ONE

▼第6試合 ONEフェザー級世界タイトルマッチ
○マーティン・ニューイェン(30=オーストラリア)
KO 2R 4分40秒  ※パウンド連打
●松嶋こよみ(26=パンクラスイズム横浜)

3戦目でタイトルマッチに挑んだ松嶋(右)だったが、二階級王者ニューイェンの牙城は崩せなかった

 マーティン・ニューイェンは2014年にONEと契約。これまでマラト・ガフロフ、エドゥアルド・フォラヤンを破りONEの世界2階級制覇を達成。2018年3月にビビアーノ・フェルナンデスの持つONE世界バンタム級のタイトルに挑むが、2-1の判定で史上初の3階級制覇を逃している。

 その王者に挑戦する松嶋は、日本で修斗新人王に輝いた後パンクラスで活躍し、2018年にはONEに初参戦。前フェザー級王者のマラット・ガフロフから1RTKO勝利を奪い鮮烈なインパクトを残した。その後、拳の怪我で戦線離脱を余儀なくされたが、今年の6月のマニラ大会で復帰。クォン・ウォンイルに対して果敢にテイクダウンを仕掛けて、主導権をコントロールし復帰戦を勝利で飾った。今回、わずかONE3戦目でタイトル挑戦のビッグチャンスを得た。

スタミナの落ちた松嶋(右)にニューイェンは容赦なく襲い掛かる

 スイッチしながら松嶋が左ハイで先制。じわりとプレッシャーをかけるニューイェンに、松嶋は細かくフェイントを入れながらタックルを仕掛け、テイクダウンを奪う。ニューイェンの左ヒザをキャッチして松嶋がリフト。積極的にグラウンドに持ち込もうとするが、ニューイェンは乗ってこない。

 2R開始からしばらくスタンドが続くが、松嶋が転倒したところからグラウンドへ。ニューイェンが上からパウンドを仕掛ける。松嶋はスタミナを失ったか動きがやや緩慢になり、ガードが下がったところに右フックを浴び、左ボディを嫌がるシーンも。何度も松嶋はタックルを仕掛けるが、ニューイェンに組まれることを許されない。

 コーナーに詰められ、タックルを仕掛け座り込んだ松嶋に蹴りを放つと松嶋はガードしながら仰向けに。すかざずニューイェンはパウンドを連打。
 一方的なニューイェンの打撃が続いたところでレフェリーがストップ。終始松嶋の組みを許さずスタンドで試合を支配したニューイェンが防衛に成功した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・連勝の松嶋こよみ ONE王座に挑戦、日本人豪華カードも揃う

・ビビアーノ・フェルナンデスがV7達成、ヌグエンの三階級制覇を阻む

・和田竜光が流血の大健闘も惜敗、ジョンソンが決勝へ進出

・【パンクラス】三浦彩佳が計量クリアー、水着で投げキッス(動画あり)

・【修斗】全員グラドルの2019年ラウンドガール6名、イメージカラーは赤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別