TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】与座優貴の極真の蹴りが光り判定勝利

2019/08/18(日)UP

与座(左)が好印象で判定勝利した

キックスロード
『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』
2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館

▼REBELS division 第2試合 63KG契約 3分3R
○与座優貴(橋本道場)
判定3-0 ※29-28 30-29 30-28
●ジョニー・オリベイラ(トーエルジム)

 2018年極真会館軽量級世界王者の与座は、今年3月にキックボクシングに転向。その多彩でノーモーションの蹴り技に、KING OF KNOCK OUT初代王者・不可思(クロスポイント吉祥寺)も「キックボクサーにはわかりづらい」と太鼓判を押した。
 対するオリベイラはブラジル出身。新日本キックを主戦場としており、タイトルマッチも経験。ブラジル国内ではカンフー、総合格闘技のタイトルも獲得しており、独特の距離感を武器に極真王者へ挑む。

 1R、与座は構えを左右変えながら、ジャブからキレのあるロー、ハイと蹴りを散らして行く。足払いでコカすなど優勢に試合を進める。

 2R、ミドル、ロー、ハイと蹴りを散らす与座、オリベイラのボディが赤く染まり始める。オリベイラは蹴りをもらいながらもひるまずパンチを返して行く。終盤オリベイラがパンチを連打し前に出る。

 3R、オリベイラがパンチで前に出て挽回をはかる。与座は足払いでコカすとミドルもクリーンヒットさせ好印象。与座が3-0で勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・日菜太がバキバキの腹筋で計量クリア「勝って次のステージへ」

・8.18登場の“KOの女神”青山ひかると3人の新ラウンドガールを紹介

・1DAYトーナメント制覇狙う小笠原瑛作、江幡塁ら前日計量パスし意気込み

・ぱんちゃん璃奈が計量クリア「やったんで!」と初のKO勝ちに意欲

・ぱんちゃん璃奈対策バッチリの祥子、計量クリアで「楽しく本番」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別