TOP > 試合結果個別

【RIZIN】大﨑一貴が“リアル孫悟空”瀧谷渉太からダウンを奪い完勝

2019/08/18(日)UP

瀧谷(左)から2度目のダウンを奪った大崎(右)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.18』
2019年8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナ

▼第2試合 RIZINキックボクシングルール 3分3R(53.0kg)
●瀧谷渉太(KSS健生館)
判定0-3
○大﨑一貴(OISHI GYM)

 昨年8月にRIZIN初参戦を勝利で飾った瀧谷が地元愛知大会に登場。初代、第二代Krush-55kg王座を獲得した実力とドラゴンボールを愛するキャラクターで人気を博す。対する大崎はムエタイの本場タイへ乗り込み8連続KOの記録を残した“ワンダーボーイ”として、KNOCK OUTの初代フライ級トーナメントにも参戦した経験を持つ新鋭。こちらも地元愛知を拠点に活躍を続ける。

 1R、サウスポーの瀧谷とオーソドックスの大崎。先にローキックをきっかけに手を出す瀧谷に対し、それを膝蹴りや大きなフックで迎え撃つ大崎。ラウンド終盤、コーナーにつめた大崎、しかし細かい瀧谷の左右のフックが大崎の顔面を捉える。

 2R、前に出て距離を詰める瀧谷をカウンターで迎え撃つ大崎。右ハイキックと右の前蹴りで自分の距離を作る大崎。大崎は距離が詰まると組む、突き放して離れ側にフックと瀧谷に気をぬく隙を与えない。残り時間わずかのところで大崎が左ボディブローで瀧谷のボディを効かせてダウンを奪う。立ち上がった瀧谷、最後は両者打ち合ったところでゴング。

右フックを効かせる大﨑

 3R、動きのキレは落ちていないように見える瀧谷。大崎は試合開始直から変わらぬゆったりと大きく構えプレッシャーを与える。大崎は右ローキックを基点に相手の左右へ回り込んでパンチのコンビネーション。瀧谷はこれをとらえきれず顔面にパンチを浴びる。残り時間1分を切ったところで大崎は右眉の上をカット。大崎のボディブローが効き始めたか瀧谷は苦悶の表情。そこへ大崎はガード越しから右フックを効かせてダウンを奪う。瀧谷が立ち上がったところで試合終了。

 判定までもつれた結果は、2度のダウンを奪った大崎がフルマークの勝利。一発の強度と老獪なテクニックを見せた大崎が地元凱旋を果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・元KRUSH王者の孫悟空・瀧谷渉太が、若きムエタイ王者・大崎一貴と対戦

・8.18全選手が計量パス、試合順と計量結果一覧

・浜崎朱加が計量クリア、ムエタイ秒殺女・アムは体重も態度も余裕しゃくしゃく

・朝倉海は早くも臨戦態勢か、堀口恭司は微笑を崩さず=前日計量

・浅倉カンナが計量クリア、相手の強豪レスラーとはまるで”柔と剛”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別