TOP > 試合結果個別

【RIZIN】あいが連打の嵐で勝利、”バットガール”を鮮血まみれに

2019/08/18(日)UP

あいが出血の止まらないワトキンズに容赦なくパウンドを浴びせる

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.18』
2019年8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナ

▼第3試合 スペシャルワンマッチ女子MMAルール(49.0kg)※ヒジあり
◯あい(29=KRAZY BEE)
判定3-0
●タバサ・ワトキンズ(24=アメリカ/Scorpion Fighting System)

 あいはインターハイ、インカレ優勝、世界学生選手権3位などの実績を持つレスリングエリート。AbemaTVの『格闘代理戦争』女子トーナメントで一躍有名に。プロデビュー戦となった昨年大みそかのRIZINでは闘うアイドル川村虹花を1Rパウンド葬。今年3月の『DEEP JEWELS 23』初参戦でも國保小枝をワンツーから追撃のパウンド連打で1RTKO勝利、さらに6月には山口さゆりから2R一本勝ちを収め、3試合連続フィニッシュ勝利を飾っている。

 一方のワトキンズは柔術をベースとし、アメリカの総合格闘技イベント『WXC』でデビュー後3連勝。プロ通算成績は5戦3勝2敗、うち2勝が一本勝ちと柔術仕込みの極めの強さに絶対の自信を持つ。キャッチコピーは“バットガール”。大好きなヒーローコミックの「バットマン」に登場するバットガールに憧れて命名した。

あいがワトキンズを持ち上げ、顔面にキック!

 1R、右フックからテイクダウンしたあい。グラウンドでヒジを入れるも、ワトキンズが長い脚で素早くアームバーを仕掛ける。早くも極まってしまうのか。あいは焦りのある表情で腕を取られたまま持ち上げ、顔面に蹴りを入れるも、離さないワトキンズ。
 ゆすって腕を抜こうとし、ようやくワトキンズが離す。直後、あいは顔面を踏みつけ、さらにワトキンズの脚をつかみ殴りに行く。再び組み付き離さないワトキンズ。ここでゴング。

 2R、あいが組んでからのヒザ蹴りを入れ、ロープ際へ追い詰めテイクダウン。またも腕を取りに行くワトキンズ。あいは嫌がり足で顔面を蹴る。さらに三角絞めに移行しようとするワトキンズだが、あいが一度離れる。
 あいがサイドから抑え込み、ヒザ蹴りの連打。防戦一方のワトキンズだが、ここでゴング。

 3R、パンチで前に出ようとするワトキンズに、あいが首相撲からヒザを入れる。ロープ際でグラウンドに引き込もうとするワトキンズ。あいは声を上げながら、下のワトキンズにパンチを入れる。

 サイドを取り抑えつけ、ヒザ蹴りを打ち下ろし続けるあい。あいは、連打しながらもワトキンズの左腕を狙う。あいのヒジとヒザの嵐に、ワトキンズは顔面のあちこちから出血が止まらない。リングが鮮血で染まるも、躊躇なくヒザを入れ続け、立ち上がろうとするワトキンズを抑え込み続ける。

 ラスト20秒、あいはバックを取り鉄槌の嵐。ここでゴング。

 判定は3者ともにあいで、あいが強敵に勝利した。

 あいはマイクで「マイクがあると思っていなくて、用意していなかったんですけど、判定になってしまったのがすごく悔しくて。ちゃんと決めきりたかったです。皆さま本当に今日はありがとうございました」と語った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・あいが静かな闘志秘め、”バットガール”との計量クリア

・アイドル川村虹花&あいが計量クリアー

・あい、4〜5kg増量でパワーアップ!”バットガール”に絶対勝って年末につなぐ

・朝倉海は早くも臨戦態勢か、堀口恭司は微笑を崩さず=前日計量

・山本美憂がヒョウ柄ビキニで計量クリア、浅倉カンナも自信のマッスルポーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別