TOP > 試合結果個別

【RIZIN】DEEP王者、ビクター・ヘンリーが妙技で一本勝ち

2019/08/18(日)UP

見事な三角絞めでヘンリー(左)が一本勝ち

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.18』
2019年8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナ

▼第11試合 RIZIN MMAルール 5分3R(61.0kg)※肘あり
○ビクター・ヘンリー(アメリカ/UWF USA)
一本 2R 2分14秒 ※三角絞め
●トレント・ガーダム(オーストラリア/Tiger Muay Thai & MMA)

 日本国内において所英男、大塚隆史、元谷友貴といった一線級を撃破し続けるDEEPバンタム級王者ビクター・ヘンリー(32=アメリカ/UWF USA)が初参戦。そのヘンリーと対戦するのはトレント・ガーダム(21=オーストラリア)。ムエタイをベースとし、キックボクシングとMMAの二刀流で活躍。2018年11月には「SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURNAMENT 2018」に出場した経験を持つ。

ジョシュ・バーネット(左)とともに入場するヘンリー

 1R、セコンドにジョシュ・バーネットを従えたヘンリー。両者細かいステップでジャブを突きあう。組んだヘンリーはコーナーを使ってテイクダウンを狙いながらガーダムの体力を奪う。左ミドルの蹴り足を掴んでテイクダウンを狙ったヘンリーの頭部へガーダムが右腕の縦ヒジ! 一瞬腰が落ちたように見えたヘンリーだったがすぐに立て直しスタンディングの展開へ。

 ガーダムの左ミドルに対し右のオーバーフックを合わせ一瞬ぐらつくガーダム。これまでテイクダウンをしのいだガーダムだったがヘンリーのバックを奪ってからコーナーへヘンリーを押し込む。距離が離れスタンディングに戻るとガーダムのフックを縫うようにヘンリーがストレートを当てる。ロープ際で打ち合う両者、一瞬の隙をついたヘンリーがテイクダウンしたところでラウンド終了。

 2R、オーソドックスのヘンリーに対するガーダムはサウスポー。大振りの右フックがヘンリーの顔面左を捉え、ヘンリーはロープに突っ込むようにバランスを崩す。立ち上がりスタンディングに戻った展開だったが、ガーダムのローがヘンリーの下腹部を捉えローブローに。

両者のパンチが交差する

 再開すると今度はヘンリーのローキックがガーダムへのローブローとなり再び試合が中断。再開すると、お互いテイクダウンする気配なく打ち合う展開に。ヘンリーが組んで投げ損なった隙をついてガーダムがバックポジションを奪う。

 リバーサルして上をとったヘンリー、ガーダムはガードポジションでヒジをヘンリーの頭頂部へ振り落とす。残り時間1分、立ち上がろうとロープ際に下がるガーダムを上からコントロールするヘンリーだったがスタンディングへ。ガーダムの右フックに合わせて片足タックルへ行くヘンリー。テイクダウンしきることができぬままゴング。

 3R、ガーダムの大きく振るうフックをかいくぐって攻めるヘンリー。ガーダムのバックスピンキックとヘンリーのローキックが交差しガーダムが下腹部を痛める。ガーダムがコーナーポストでヘンリーをテイクダウンするとバックへ。その腕をとったヘンリーがアームロックを狙うが極めきれず。ローリングする展開からヘンリーが上を取るとバックポジションを奪う。

ヘンリーの足四の字が胴絞めから三角絞めの状態に

 うつ伏せになったガーダムに対し、胴絞めをしたように見えたヘンリーの足四の字だったが、ガーダムの脇の下で足が組まれたことで三角絞めの状態に。ヘンリーは絞め続け、相手の腕を伸ばすようにするとガーダムが観念したようにタップ。日本人バンタム級四天王、そして堀口恭司を狙う新たな刺客としてマイクで名乗りを上げた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・ビクター・ヘンリーが堀口戦を熱望「彼は世界でもベスト。誰が戦いたくないと思うでしょうか」

・堀口vs朝倉海、更に外国勢投入によりバンタム級戦線を拡大=榊原代表

・グラマー童顔のRIZINガール・川村那月がセクシーなDVDをPR、 ファイターとしてリングインも夢!?

・石渡伸太郎が佐々木憂流迦に貫録の一本勝ち、「四天王」扱いに不満爆発

・5年越しの対決は扇久保が元谷を振り切り、僅差判定で勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別