TOP > トップページ下部 > 新着情報写真記事 > 試合結果個別

【RIZIN】衝撃の決着!朝倉海が堀口恭司を1RKOで下す

2019/08/18(日)UP

まさかの大番狂わせで堀口(右)を破った朝倉(左)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.18』
2019年8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナ

▼第13試合 RIZIN MMAルール 5分3R(61.0kg)※肘あり
⚫︎堀口恭司(アメリカン・トップチーム)
KO 1R 1分8秒 ※スタンドパンチ
○朝倉海(トライフォース赤坂)

朝倉がヒザ蹴りを突き刺す

 ベラトールとRIZINの世界バンタム級二冠王、堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)と現在RIZINで4連勝中と波に乗る朝倉海(25=トライフォース赤坂)の一戦。朝倉はSNSの反応で「お前じゃまだ早い」「お前じゃ勝てない」という声が少なくなかったが「勝てるチャンスもある」と豪語。
 地元愛知での開催のため、大勢の応援団が来るといい、「応援団の前で負けるわけにはいかない」と、これまで支えてきてくれた人々に恩返しをするためにも勝利を目指すことを改めて誓っている。

力の抜けた堀口へパウンドを落とす朝倉

 1R、オーソドックスの両者。大きなステップから攻撃を出し、ゆっくりとしたリズムで試合が進むかに思われたが、試合が動いたのは一瞬だった。飛び込んで右ストレートを出そうとした堀口を朝倉の右ストレートがカウンターで入る! 大きくぐらつく堀口! 距離を取ろうとする堀口だが、足が効かず四つん這いの状態になりながら朝倉から距離を取ろうと懸命に動く。

セコンドを務めた兄・未来(右)と

 その堀口を追いかける朝倉はコーナーに詰めて膝蹴り、距離を取られるとロープに追い詰めてフックの連打、最後は堀口がダメージで中腰になったところへ朝倉が打ち下ろすような右ストレート! 朝倉が力の抜けた堀口へパウンドを落としたところでレフェリーが試合を止めた。

 堀口の意識を一撃で刈り取った朝倉が、2団体王者の堀口をKOするという衝撃に会場は大歓声で包まれるとともに、堀口のKO負けという結果を受け入れがたい様子でもあった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・朝倉海は早くも臨戦態勢か、堀口恭司は微笑を崩さず=前日計量

・朝倉海、”兄セコンド時は無敗”「間違いなく今回も勝つ」

・堀口恭司、朝倉陣営の予想を一蹴「パニックになったことはない」

・朝倉未来「フェザー級ならUFCでも」ライト級GPには興味なし

・マネル・ケイプと朝倉海が乱闘寸前の挑発合戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > トップページ下部 > 新着情報写真記事 > 試合結果個別