TOP > 試合結果個別

【K-1】再起戦のKANAが圧勝も、19歳・真優がダウン許さず健闘

2019/08/24(土)UP

KANA(右)が真優を2R目から圧倒した。

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~』

2019年8月24日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第1試合 スーパーファイト K-1女子-52kg契約 3分3R 延長1R
○KANA(27=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-28
●真優(まひろ・19=月心会チーム侍)

 KANAは15戦13勝2敗の戦績を持ち、破壊力のある打撃でこれまで6つのKO勝利を収めてきた。今年3月の大会でヨセフィン・ノットソン(22=スウェーデン)に敗れて以来の再起戦となる。

真優(左)のバックハンドブローがKANAにヒットする

 相手は地元大阪の19歳・真優。空手仕込みの打撃を武器に、16年8月に行われた「J-GIRLSフライ級ニューヒロイントーナメント」で優勝している。戦績は7戦4勝(0KO)1敗2分。

「誰が見ても実力差があるカード」「最低でもKO勝勝利する」というKANAの言葉通りの結果なるか、それとも地元大阪の新星が下剋上を起こすのか。

 1R、ローはKANA、真優もローを返し積極的に前へ出ていく。前蹴り、ジャブ、ローを飛ばし、KANAのローにジャブを合わせるが、真優はクリンチが多く警告をもらう場面も。ラウンド後半からKANAの圧力が強くなり、真優のローに合わせてKANAのフックが入る。

KANAはボディで優勢に試合を進める

 2R、顔面前蹴りの真優にKANAは距離を詰めて左右のフック。KANAのボディが入り真優が下がる、さらにKANAはガードの隙間にアッパーを差し込む。真優もバックハンドブローなどで応戦するがKANAのパンチが何発も入り、防戦に回ることが多くなる。KANAは圧をかけてアッパー、ボディ、ローキックと攻撃を散らす。ハッキリとKANA優勢が出たラウンドとなった。

 3R、インターバル中に地元の応援団からの“真優コール”を受けて、気合の声を上げる真優。

KANAが判定で勝利した

 一方KANAは落ち着いた表情。左右のストレートで前に出る真優。しかしKANAはパンチを返すとミドルを効かせ、コーナーへ真優を詰めると左右の連打を浴びせる。真優も前蹴り、バックハンドブローで応戦するが、KANAはパンチ、バックスピンキックでボディを攻める。さらにローキックを見せてからのハイキック。一方的な展開となるが、真優は意地で立ち続け、ダウンすることなく試合終了。

 判定は3-0でKANA。危なげなく勝利したもののKOはならず、真優が意地を見せ健闘し最後まで立ち続けた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・Krush女王KANAに下克上なるか、19歳・真優「やるときはやる女」=前日計量

・8.24第1試合直訴したKANA、女子K-1のため「KO勝ちします」

・関西の女子高生・真優vs関東のビジュアル系ファイターが対戦

・8.24メインの皇治と大岩龍矢が計量パス「覚悟があるのかな」(皇治)

・セクシー衣装の元K-1ガールズ松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別