TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】元警察官の上田真央がパウンド連打で圧勝

2019/09/01(日)UP

超弁慶を抑え込む上田。この後パウンドを連打していった

DEEP事務局
『DEEP JEWELS 25』

2019年9月1日(日)東京・新宿FACE

▼第4試合 DEEP JEWELS フェザー級 5分2R
○上田真央(フリー)
TKO 1R 3分43秒 ※パウンド連打
●超弁慶(ガムランナック)

 かつてSMACKGIRL、J-GIRLS、JEWELSなどキック、総合を問わず活躍した39歳のベテラン、超弁慶が2010年7月のJEWELS以来となる9年振りに総合に参戦。

 対する上田は3歳から柔道を始め、社会人では78kg級で講道館杯ベスト8、全国警察選手権で2位の実績を誇る。柔道引退後は女性警察官として活動を行ったが、昨年3月に大阪府警を退職。「KINGレイナを倒すため」と総合デビューし、3月には念願のKINGレイナ戦を迎えたが、わずか25秒でKO負け。今回は再起戦となる。

 1R、上田は超弁慶をコーナーへ追い詰めて頭を脇に抱えるとそのまま首投げ、袈裟固めの体勢からパウンドを落としていくが超弁慶は立つ。しかし上田はまたも首投げ、勢いのままマウントを取るとパウンドを連打。超弁慶はエスケープして立つも、上田はがぶりから今度は小手を巻いて投げると再び袈裟固めで捕えてパウンドを連打。抜け出そうと暴れる超弁慶だったが上田の抑え込みは固く脱出できない。
 一方的な展開となり、超弁慶の動きが止まったところでレフェリーが試合をストップ。完勝と言える内容で上田がTKO勝利を飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・仮面女子・川村虹花と朝倉未来がトークショー「鍛えてる男子が良いな」(川村)

・”美腹筋ママ”杉山しずか「ももクロZ」ポーズで余裕の前日計量パス

・“自然児”赤林檎が大胆水着で計量クリア「会場をひっくり返す」と勝利宣言

・青野ひかるが計量クリアでWピース、寝技で一本勝ち宣言

・”女アウトサイダー”山崎桃子「100%出し切る」発言に、にっせー「出されても勝てる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別