TOP > ニュース 一覧

【DEEP JEWELS】青野ひかるが計量クリアでWピース、寝技で一本勝ち宣言

2019/08/31(土)UP

計量クリアし得意のWピースで喜びを見せる青野

 9月1日(日)東京・新宿FACEにて開催される女子総合格闘技イベント『DEEP JEWELS 25』の前日計量が、8月31日(土)都内にて行われた。

 セミファイナル、DEEP JEWELSアトム級5分2Rに出場する青野ひかる(26=ストライプル新百合ヶ丘)、古澤みゆき(39=総合格闘技道場BURST)が計量に臨み、青野が47.95kg、古澤が47.50kgで共に計量をクリアした。

 青野は「怪我もなく体重もすんなり落ちて順調でした」と調整の成功を明かした。今年の過酷な夏の暑さも「影響なく、いつもと変わらない感じ。むしろ減量が順調で、水抜きもしなくて済んだ」と、うまく味方につけた形になったようだ。

逆三角形のマッスルポーズが青野の引き締まった腰のくびれを強調

 青野はMMAの試合だけでなく、3月には「2019年全日本コンバットレスリング選手権大会」に出場し連覇を達成。積極的にMMA以外の競技にも参加し続ける理由に「経験値」を挙げた。3月に富松恵美(パラエストラ松戸)に敗戦を喫した際、周囲から「経験が足りない」と指摘を受けたことを告白。経験を積むためにグラップリングの大会への出場の必要性を感じ、積極的な参戦を続けているという。実際に「柔術の試合にでることで課題も見つかる」と、スキルアップへ直結していると手ごたえを感じているようだ。

打撃が得意な古澤(右)を「どこか触れれば倒せる」とグラウンド地獄に引きずり込む構えの青野

 今回の対戦相手である古澤の印象を「自分よりも大きいと思っていた」という青野。直接向かいあったことで「思ったより大きさを感じなかった」と、152cmの自身と差がないとイメージの修正ができたという。空手ベースである古澤が打撃の展開に持ち込むことも見据え、「こちらは寝技ベースなので、どこか触れれば倒せる。早くグラウンドに持ち込む」と早々にグラウンド展開へ持ち込むと宣言した。

 近い将来に訪れる次のステップについて問われると、青野は「来年にはベルトに挑戦したい」という意向を示した。アマチュアレスリング時代に2011年の全日本女子オープンで敗北した山本美憂(KRAZY BEE)との対戦を熱望する青野は、RIZINで活躍する山本への挑戦を実現するためには「あの舞台に立つにはベルトが必要」との考えを示した。「しっかり準備してきたので、強いところを見せて一本勝ちします!」と力強く宣言した青野は、宿敵との対戦への最短距離を目指す。

☆9.1 DEEP JEWELS 25 全試合順・対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・期待の新人・青野、必殺技で一本勝ち宣言=計量

・メルヘン戦士マドレーヌ、計量でビキニ、体が成長し胸パッドを入れる余裕無し

・渡辺華奈、大みそか以来のスーパーボディで計量クリアー

・女子格闘技がブレイクの兆し、公開計量も大盛況

・大幅キャラ変のマドレーヌが水色ビキニで計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧