TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】青野ひかる、空手ベースの古澤みゆきに寝技で一本勝ち

2019/09/01(日)UP

得意のグラウンド勝負へ持ち込む青野

DEEP事務局
『DEEP JEWELS 25』

2019年9月1日(日)東京・新宿FACE

▼第6試合 セミファイナル DEEP JEWELSアトム級 5分2R  
〇青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)
一本 2R 3分53秒 ※肩固め
●古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)

 青野は名門・日本大学レスリング部出身で、全日本学生選手権48kg級優勝など数々の実績を持つレスリングエリート。2011年の全日本女子オープンでは準決勝で元世界女王の山本美憂と戦ったこともある。

 2017年12月のMMAプロデビュー戦では逆転負けを喫したが、その後は3連勝。今年3月には元DEEP JEWELSライト級暫定王者、富松恵美と対戦し、最後は一本負けを喫するも好勝負を展開した。経験を積むべく寝技の大会にも積極参戦し、3月の「2019年全日本コンバットレスリング選手権大会」では連覇を達成。6月のDEEP JEWELSでは全日本アマ修斗優勝の檜山美樹子を相手に腕十字で圧勝している。

 対する古澤は空手をベースに佐々木信治、藤井惠夫妻が指導する総合格闘技道場BURSTで研鑽を積み、過去に浅倉カンナやSARAMIとの対戦経験がある。昨年12月に『GRACHAN』でMMAプロ初勝利。今年2月にはアマチュア修斗ワンマッチで期待の新人、吉見舞(HOPE)からパンチでKO勝利をあげている。

 古澤の打撃を警戒しつつ、青野は「こちらは寝技ベースなので、どこか触れれば倒せる。早くグラウンドに持ち込む」と序盤でのグラウンド勝負を宣言していたが果たして――。

青野が肩固めでフィニッシュ

 開始早々、片足タックルを決めた青野に対し、一度は立ち上がる古澤だが、再び首をとらえ投げからのテイクダウンに成功した青野は、サイドから右腕で首をとらえたまま左でコツコツとパンチを打ち込んでいく。古澤は何とかこれを脱出し立ち上がるが、青野は再び足をかけてテイクダウン。足を抜きサイドに回った青野の首を、古澤が両足で挟んだところで1Rが終了。

笑顔でWピースを決めた

 2R開始早々、またも片足タックルを狙いにいく青野は、首をとらえ強引な投げでテイクダウン。クローズドガードで耐える古澤に対し、両足を振り払うようにサイドにつけた青野はマウントを取り肩固めの体勢に入ると、体の位置をずらして極めにかかる。何とかこらえようとする古澤だが、ついにこらえきれずタップ。
 青野が前回に続き一本勝ちを収めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【前回の試合】青野ひかるが腕十字固めでJEWELS初参戦の檜山美樹子に圧勝

・青野ひかるが計量クリアでWピース、寝技で一本勝ち宣言

・”美腹筋ママ”杉山しずか「ももクロZ」ポーズで余裕の前日計量パス

・“自然児”赤林檎が大胆水着で計量クリア「会場をひっくり返す」と勝利宣言

・KINGレイナが10.22参戦決定、RIZINからの再起戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別