TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】杉山しずか、期待のホープ赤林檎を寝技で圧倒し一本勝ち

2019/09/01(日)UP

杉山が新鋭・赤林檎にグラウンドでの実力差を見せつけた

DEEP事務局
『DEEP JEWELS 25』

2019年9月1日(日)東京・新宿FACE

▼第7試合 メインイベント DEEP JEWELS フライ級 5分3R 肘無し
〇杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)
一本 2R4分4秒 ※腕十字
●赤林檎(フリー)

 注目の新旧フライ級対決。杉山は2008年の旗揚げ大会からDEEP JEWELSのエースの一人として活躍したが、14年大みそかの試合を最後に休養。結婚・出産を経て17年2月のDEEP JEWELSで現役復帰し、連勝でRIZINに参戦を果たしたが、17年、18年ともに大晦日の大会で渡辺華奈(FIGHTER’S FLOW)に敗れた。

杉山が鉄槌を振り下ろす

 今年3月には、韓国で開催された『DOUBLE-G FC 02』で元UFCファイターのジョン・チャンミ(TEAM MAD/韓国)に判定で完勝。今回、1年ぶりにDEEP JEWELSのリングに帰ってきた。

 対するは関西女子総合格闘技のホープ、赤林檎。日本拳法をベースに、キックボクシングの試合もしている打撃系ファイターで 東京初見参となった18年8月のDEEPでは渡辺華奈に敗れたものの、序盤に打撃でピンチに追い込んだ。DEEP JEWELSでは同年12月に大ベテランのジェット・イズミ、今年3月にアミバと実力者に連勝、4月のDEEP大阪大会でも山口さゆりに判定勝利と、目下3連勝中だ。

ヒールを狙う杉山(左)

 1R早々、リーチを活かしてボディにストレートを伸ばしていく赤林檎。対する杉山はパンチのフェイントから組んでコーナー際でパンチを打ち込む。フェイントからタックルを狙いにいった杉山はコーナーに押し込まれながら足をかけてテイクダウンに成功。ハーフの状態で上から圧をかけつつパスを狙う。足を抜きざまに立ち上がった赤林檎だが、杉山は冷静に見切り再びテイクダウンし、上から鉄槌を振り下ろす。さらに杉山がヒールを狙って行ったところでゴング。

中腰の体勢で赤林檎(左)を締め上げる杉山(右)

 2R、杉山の放った左ストレートで赤林檎が後ろに倒れこむと、杉山は素早くマウントポジションを取り、下から暴れる赤林檎が体勢を入れかえたところでバックからチョーク! さらに中腰、スタンドの体勢になっても、しつこく絞め上げていく。赤林檎は何とか脱出に成功するが、追いかけた杉山は腰をかかえテイクダウン。サイドに回り今度は腕十字を狙う。鉄槌2発を打ち込み、さらに腕を極めにいくと、残り1分のコール直後、ついに赤林檎が力尽き、無念のタップ。杉山がグラウンドでの実力差を見せつけ、見事勝利を収めた。

 試合後、愛息をリングに上げて喜びを分かちあった杉山は、「勝ったことは嬉しいけど、盛り上がっている格闘技の最前線で村田夏南子選手、KINGレイナ選手、渡辺華奈選手が頑張っている。私は最年長で引っ張っていかないといけないのに、引っ張られている状態」と、年下の女子選手たちの活躍に身を引き締め、「10月の大会も決まっているので、ジュエルスを最高の大会にしましょう」とDEEP JEWELS隆盛の立役者の一人らしく最後を締めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・”美腹筋ママ”杉山しずか「ももクロZ」ポーズで余裕の前日計量パス

・“自然児”赤林檎が大胆水着で計量クリア「会場をひっくり返す」と勝利宣言

・青野ひかる、空手ベースの古澤みゆきに寝技で一本勝ち

・KINGレイナが10.22参戦決定、RIZINからの再起戦

・世界柔道2位の向翔一郎、姉はV.V Meiにも勝利し女子格闘技でも期待された逸材

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別