TOP > 試合結果個別

【ONE】バックハンドブロー一閃、MOMOTAROが元ルンピニー王者を衝撃の1R秒殺KO

2019/09/06(金)UP

MOMOTARO(右)が元ルンピニー王者・シットンノーイを秒殺KO

ONE Championship
『ONE:IMMORTAL TRIUMPH』
2019年9月6日(金)ベトナム・ホーチミン市
Photo by ONE Championship

▼第3試合プレリム フライ級ムエタイ 3分3R
●シットンノーイ・ポー・テラクン(タイ)
KO 1R41秒 ※左ストレート
○MOMOTARO(29=OGUNI-GYM)

バックハンドブロー一撃で大ダメージを与え、ラッシュでシットンノーイを仕留めたMOMOTARO(左)

 MOMOTAROはNJKFの中軽量級エースとして君臨。他団体へも積極的に参戦し、これまでにNJKF、WBCムエタイ日本、WBCムエタイインターナショナルの3本のベルトを奪取している実力者である。ONEへは今年3月に初参戦しオーストラリアのケニー・ズィーをヒザとパンチで圧倒し判定勝ち。4月の2戦目は元ラジャ三冠のルーシラー・プーケットトップチームに判定負けを喫し、今回が再起戦となる。2週間前に対戦相手がタノンチャイから元ルンピニー王者のシットンノーイへ急遽変更になるトラブルはあったが、MOMOTAROは自身のブログで「相手に不足無し」と強い意気込みを語っている。

 サウスポーのMOMOTAROへ、シットンノーイは右ミドルでけん制。右にサークリングするMOMOTAROが大きく右に踏み込みながら左の高速バックハンドブローを放つとシットンノーイのアゴへクリーンヒット。動きが止まったシットンノーイへ左右のパンチでラッシュ、至近距離でヒジを叩きつける。

鮮烈KOでONE再起を果たしたMOMOTAROはKOブローとなったバックハンドを「練習しておいてよかった」

 ガードが下がったシットンノーイへ左ストレートを直撃させるとシントンノーイは崩れ落ちるようにダウン。コーナーにすがりつくように立ち上がるシットンノーイだったが、真っ直ぐ立てないシットンノーイの姿を見て、レフェリーはカウントを止め試合をストップした。

 試合後にマイクを向けられたMOMOTAROは「足技が得意なので、足を見せてからパンチで倒そうと思っていたけど、こんなに早く倒せるとは思ってませんでした。今はほっとしています」と安堵の表情。決め手となったバックハンドブローについて問われると「隙間からバックハンドを狙おうと思っていたけど、シャドーのイメージ通りに入れることができた。練習しておいてよかった」と練習の賜物であったことを明かした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】ホーチミン大会 試合結果速報中=2019年9月6日

・MOMOTAROがONEデビュー戦を判定勝利で飾る(記事上段)=2019年3月

・ルンピニー三階級王者ルーシラーの前にMOMOTAROがONE初黒星(記事上端)=2019年4月

・”怪物くん”鈴木博昭の手が出ず、ムエタイ王者の右ミドルに完敗

・三浦彩佳が一本勝ちでONE2連勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別