TOP > 試合結果個別

【ONE】”梅野源治を倒した男”クラップダムがダウンを奪い、世界王者サッコを判定で撃破

2019/09/07(土)UP

日本で梅野源治を倒したこともあるクラップダムがペースを支配してサッコに圧勝

ONE Championship
『ONE:IMMORTAL TRIUMPH』
2019年9月6日(金)ベトナム・ホーチミン市
Photo by ONE Championship

▼第10試合 バンタム級ムエタイ 3分3R
○クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(20=タイ)
判定3-0
●ボボ・サッコ(31=フランス)

サッコ(左)は長身から繰り出す打ち下ろしのストレートでクラップダムに迫った

 クラップダムは左ストレートを決め技とする元ルンピニー二階級制覇王者。昨年2月にはREBELSのリングで梅野源治とルンピニーライト級王座決定戦で4RTKOで勝利を収めて、日本のムエタイファンにも強烈なインパクトを残している。タイ北西部の貧しい農村で生まれたクラップダムは、バンコクのチャンネル7スタジアムで数々の勝利を重ね、今回のONE初参戦の切符をつかんだ。WPMF世界王座を持つフランスのムエタイ・エリートであるボボ・サッコを相手に初参戦初勝利を目指す。

 184cmの長身から打ち下ろすように右ジャブを打ち込むサウスポーのサッコ。クラップダムは左のローをサッコの右の前足に積み重ねる。サッコのパンチを頭を振って避けるクラップダム。ローが効いた様子を見せるサッコへクラップダムがカウンター気味の左ストレート。これがサッコのこめかみをかすめ、サッコが後退したところに追撃の左フック。サッコが大きく腰を落としたところでレフェリーはスタンディングダウンを宣告した。

サッコ(手前)は最終ラウンドにクラップダムをロープに追い込む千載一遇のチャンスを得たが、倒しきることができなかった

 2R目はクラップダムがギアを上げ、ジリジリと距離を詰めながら右ジャブからのワンツーをヒット。距離をつかんだクラップダムは後退するサッコにローを打ち込み、接近すれば強烈な左ストレートをガードの上からでもお構いなしに打ち込んでいく。

 フィニッシュしなければ勝ちがないサッコは、最終ラウンド開始早々に長距離からストレートを連発。クラップダムは自分の距離の外から打ち込まれたストレートを被弾し、ロープ際に後退する。2Rとは打って変わって疲れの見えるクラップダムに、ストレートで攻め立てるサッコ。クラップダムは組んでいくが、首相撲のための組みではない。中盤まで攻め立てたサッコだったが、終盤には失速しダウンシーンの追加はないまま試合終了。最終ラウンドには危ういシーンもあったものの、ダウンを奪取しペースを渡さなかったクラップダムが判定で勝利を手にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】ホーチミン大会 試合結果速報中=2019年9月6日

・【ONE】10月両国大会の全試合が決定、青木真也、V.V Mei、若松佑弥らが出場

・クラップダムがTKO勝ち、梅野壮絶に散り快挙達成ならず=2018年2月

・修斗vsパンクラス・4階級の王者対決が実現、秦アンディ代表「ヒーローを世に送り出す」

・平田樹、”ONEのアイドル”リカ・イシゲに「打撃でKOし、印象を残す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別