TOP > 試合結果個別

【ONE】王者ノンオーがまさかのスプリット判定もデルバールを下し2度目の防衛

2019/09/07(土)UP

ノンオー(右)は右ミドルで主導権を握りデルバールのスタミナを奪った

ONE Championship
『ONE:IMMORTAL TRIUMPH』
2019年9月6日(金)ベトナム・ホーチミン市
Photo by ONE Championship

▼第12試合 ONEスーパーシリーズ・ムエタイ・世界バンタム級(65.8kg)タイトルマッチ
○ノンオー・ガイヤーンハーダオ(32=タイ)
判定2-1
●ブリース・デルバール(20=アルジェリア)

右ミドルを被弾したデルバール(右)の脇腹は赤く染まっていた

 ノンオーはルンピニーでスーパーバンタムからライトまでの四階級制覇、ラジャダムナンのタイトルも獲得しているムエタイの頂点。今年2月にハン・ズーハオに勝利し、初代ONEムエタイ世界バンタム級王座に就き、5月にはそのベルトに挑んだ元シュートボクシング世界王者の鈴木博昭を右ミドルで封殺し初防衛。S1ムエタイ世界王者であるデルバールを相手に2度目の王座防衛に臨む。

 サウスポーのデルバールへノンオーが右ローを打ち込み様子見。デルバールは細かくスイッチしながらコツコツとロー、前蹴りを放つ。静かな立ち上がりの序盤から徐々にノンオーが出入りを増やしフェイントから強い右ローを放つ。

デルバール(左)は長身を活かした前蹴りで距離を保つ

 2Rに入るとノンオーがギアを上げ強い左右のミドルを放つと、デルバールもあわせて前蹴りからローを打ち込む。長身から打ち下ろすデルバールの左ジャブでノンオーは懐に入り切れないが、デルバールの入り際に右ミドルを打ち込みデルバールの左わき腹が赤く染まっていく。

 3R開始早々にノンオーがさらに圧力を強め、右ミドルを連続でヒット。距離を詰められるようになったノンオーは右フックを顔面に何度もヒットさせる。右ローのダメージも大きいデルバールは手数が減り、足を使い距離を取ることしかできない。

終盤には逆転を狙った飛びヒザも見せたデルバール(左)

 さらに圧力を強めるノンオーは4R早々に右ローでデルバールのバランスを崩す。力を失ったデルバールのワンツーの打ち終わりにノンオーは右ミドル、右ボディストレートを伸ばしスタミナを奪う。最終ラウンドに逆転を狙うデルバールへ、ノンオーは単発の右ミドルをヒット。序盤からムエタイの「流し」に入ったノンオーは決して無理な攻撃はしない。デルバールは最後の力を振り絞り前進するが、体に十分な力が入らずパンチや飛び膝蹴りは単発となり、クリーンヒットを奪えない。決め手はないまま最後までノンオーが流して試合終了を迎えた。

 判定は意外にもスプリットとなったが、2名のジャッジが王者の勝利を支持。ノンオーが初参戦初挑戦の若き欧州の刺客を退け2度目の防衛に成功。ONEの戦績も5勝無敗とパーフェクトレコードを伸ばした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】ホーチミン大会 全試合結果=2019年9月6日

・【ONE】10月両国大会の全試合が決定、青木真也、V.V Mei、若松佑弥らが出場

・日系ハーフ美女リカがバンコク大会に出場「私は凄く進化した」

・格闘代理戦争3rd優勝者・平田樹がアームロックで鮮烈一本勝ち、デビュー戦を勝利で飾る(動画あり)

・”怪物くん”鈴木博昭の手が出ず、ムエタイ王者の右ミドルに完敗=2019年5月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別