TOP > 試合結果個別

【RISE】那須川梨々が右ハイキックでKO勝利、兄・天心に勝利のバトン渡す

2019/09/16(月)UP

KO勝利し、喜ぶ那須川

RISEクリエーション
『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』
2019年9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ イベントホール

▼第1試合 アトム級(-46kg)3分3R
◯那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)
KO 2R10秒 右ハイキック
●上仮屋真莉(ROAD MMA GYM/第4回K-1チャレンジ女子Bクラス 全日本トーナメント−50kg優勝)

 那須川はジュニアキックボクシングで数々のタイトルを獲得、神童天心の妹としても注目を浴びる。昨年6月にプロデビューし、今年75日後楽園大会でRISE QUEEN王座決定トーナメントで決勝まで進むも紅絹に敗れて王座獲得ならず。上仮屋はK-1チャレンジ、J-GROWトーナメントで優勝経験があり、極真空手の黒帯でもある。今年7月にプロデビューし勝利している。

那須川の右ハイキックが決まる

 1R、リーチに勝る上仮屋はパンチコンビネーションで入ろうとする。那須川は前蹴り、ミドルで距離を作る。打ち合いに入ろうとする上仮屋に、那須川の左フックがまともに入り上仮屋はダウン。立ち上がり打ち合いに行くも左フックを被弾する。那須川は終盤には上段前蹴りも当てる。

 2R開始直後、中に入ろうとする上仮屋に那須川の右ハイキックが入り、上仮屋は大の字に。レフェリーが試合を止めた。KO勝利で見事再起を決めた那須川は、マイクで喜びの涙に詰まりながらも「これからもよろしくお願いします」と深く頭を下げた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・再起戦の那須川梨々、第1試合で「大会に火をつけたい」=前日計量

・平岡琴、百花が前日計量パス、平岡は「倒せる技は用意してきた」とKO宣言

・那須川vs志朗、梅野vs白鳥ほか、豪華カードの意気込みと全16試合の計量結果

・那須川天心vs志朗を予想、志朗が勝つには=内山高志、朝倉兄弟、青木真也ら

・前日計量、決勝を迎える那須川天心「倒してメインの大役を果たす」志朗「格闘技界が変わる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別