TOP > 試合結果個別

【RIZIN】優勝候補のムサエフ、危険な蹴りで完勝しライト級GP準決勝一番乗り

2019/10/12(土)UP

ムサエフ(右)が無敗外国人対決を制した

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.19』
2019年10月12日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第6試合 RIZIN MMAルール : 5分3R(71.0kg)
※RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 LIGHT WEIGHT TOURNAMENT
〇トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)
TKO 1R 4分14秒 ※レフェリーストップ
●ダミアン・ブラウン(オーストラリア/TEAM GARAGE/TEAM COMPTON)

 RIZINで無敗を誇る外国人ファイターの一騎打ち。ムサエフは散打の世界チャンピオンにも輝いた殺傷能力の高いパンチを武器に、2015年から11連勝の無敗街道を突き進み、RIZINでも剛腕で鳴らす大尊伸光をパウンド葬、RIZINライト級の門番、ダロン・クルックシャンクも下して本トーナメント出場を決めた。

 対するブラウンはカザフスタン駐留経験をもつ元軍人ファイターで、16年7月にはUFCデビューも果たしている。昨年末には同じくUFCキャリアを持つクルックシャンクと対戦しフロントチョークで一本勝ちすると、今年4月には8連勝中の武田光司を判定で下しプロ初黒星をつけ、トーナメントに堂々名乗りをあげた。

ムサエフの左ハイキックがヒット

 1R、小さくサークリングしながら強烈な左ミドルを放つムサエフ。ムサエフの左インローがローブロー。じりじりとプレスをかけるブラウンを左ミドルで迎撃すると、ブラウンの右脇腹が赤く変色していく。さらに後ろから組み付いたムサエフは、離れ際に強烈な蹴り! そして左フックでブラウンをぐらつかせる。

最後はパンチ連打で勝利を決めたムサエフ

 バックブローからまたも左の蹴り、飛び込んできたところを左ストレートで迎撃。ブラウンが倒れ込むも、ムサエフは深追いしない。残り1分でムサエフの強烈な左ハイキックがガードの上からヒット。ふらついて下がったブラウンをなおも追いかけたムサエフはパンチの連打、たまらず組み付いてきたブラウンを突き放し、さらに連打したところでレフェリーが試合を止めた。

 試合後、「勝つためにまたこのリングに戻ってくる」とマイクアピールしたムサエフは、優勝候補筆頭の前評判通りの快勝で準決勝にコマを進めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【予想】朝倉未来が、10.12ライト級GPを大胆予想、上迫は健闘、川尻は厳しめ

・【前日計量】山本美憂、ハム・ソヒともにキレた褐色の肉体美で計量パス

・10.12 打撃勝負を宣言のジョニー・ケースに、サトシ・ソウザ「柔術を使いたい」

・10.12 川尻達也、優勝候補フレイレを前に「普通の人間代表として戦う」

・10.12 パトリッキー“ピットブル”フレイレ、川尻をリスペクトも「遊びに来ているわけではない」と勝利宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別