TOP > 試合結果個別

【RIZIN】ジョニー・ケースがサトシ・ソウザを1R一撃でKO

2019/10/12(土)UP

優勝候補同士の一戦は、ケースがサッカーボールキック一撃でサトシ・ソウザにTKO勝利

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.19』
2019年10月12日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第9試合 RIZIN MMAルール : 5分3R(71.0kg)
※RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 LIGHT WEIGHT TOURNAMENT
○ジョニー・ケース(アメリカ/MMA LAB)
TKO 1R1分15秒 ※レフェリーストップ
●ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)

サトシが下、ケースが上の猪木アリ状態に

 RIZIN参戦以来2連勝2KOの圧倒的勝利を重ねるブラジリアン柔術世界選手権覇者、ホベルト・サトシ・ソウザ。MMA戦績は9戦9勝の全てがフィニッシュ勝利というパーフェクトレコードを記録。さらに8勝が1R決着という抜群のレコードを残している。

 対するケースはRIZIN参戦後、矢地祐介と北岡悟を撃破。26勝のうち18勝がKO、さらに1RKOが15と驚異的な打撃力を持つストライカーだ。優勝候補同士による潰し合いがトーナメント一回戦から実現した。

サトシが腕を極めにかかるもケースはエスケープした

 1R、リング中央をとったケースが足をすくいサトシを寝かせて猪木アリ状態へ。すぐにスタンドへ戻るが、再びグラウンドへ引き込んだサトシは瞬く間に腕を極めにかかる。しかしケースは焦ることなくエスケープ。
 スタンドに戻り、サトシがタックルを仕掛けに行ったところへケースのフックに近い右アッパーがサトシの顔面を捉える。これが効いたか、顔面を覆いうずくまったサトシへケースがサッカーボールキックを見舞ったところでレフェリーが試合を止めた。

 日本を背負い、優勝候補を相手に挑んだサトシのグランプリへの道は一撃で幕を閉じることになった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ライト級GP】川尻達也、ライト級GP大本命フレイレのヒザと鉄槌に沈む

・【ライト級GP】“ヴァンダレイの後継者”ルイス・グスタボが上迫博仁をTKOで下し一回戦突破

・【前日計量】山本美憂、ハム・ソヒともにキレた褐色の肉体美で計量パス

・【ライト級GP】優勝候補のムサエフ、危険な蹴りで完勝し準決勝一番乗り

・初参戦のケースが矢地祐介を流血TKOに仕留める=2018年12月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別