TOP > 試合結果個別

【ONE】オープニングマッチは韓国のウォンイルがインドネシアのスノトをパンチでTKO

2019/10/13(日)UP

テコンドー出身のウォンイルが1RTKO勝利

ONE Championship
『ONE: CENTURY PART I』
2019年10月13日(日)東京・両国国技館

▼プレリム第1試合 キャッチウェイト/68kg
●スノト(インドネシア)
TKO 1R ※右ストレート⇒パウンド連打
○クォン・ウォンイル(韓国)

 スノトは世界空手連盟(WKF)インドネシアチャンピオンであり、ブラジリアン柔術でも茶帯を巻く実力を持つ。ONEでは15戦を戦い9勝6敗。対するウォンイルはテコンドーをバックボーンに持ち、ONEでの戦績は2勝2敗。2敗はいずれも今成正和、松嶋こよみと日本人選手に敗れているが勝利した2試合はTKOで勝利している。

 1R早々にテイクダウンを狙うのがスノト。ダブルレッグからシングルレッグにタックルを切りかえ、さらに四つ組みの攻防になったところで、ウォンイルのヒザがローブローとなり試合中断。スノトはかなり苦しそうな表情で中止かに思われたが、長いインターバルの末に試合は再開。

 ウォンイルはハイキックから飛びヒザ。スノトはその脚をつかみテイクダウンを狙う。だがウォンイルはこれをしのぐと再びスノトがタックルに入ろうとしたところに打ち下ろすような右ストレート。これでスノトがダウンし、ウォンイルがパウンドをまとめたところでレフェリーがストップし、1RでウォンイルのTKO勝利となった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・堀口恭司が10.13両国大会の第1部解説に決定、RIZIN大阪から駆けつける

・那須川天心、10.13両国大会の生中継に出演決定「飛び込んで掻き回したい」(動画あり)

・10.13両国のリングガールズは韓国美女「日本女性にも挑戦してほしい」

・平田樹、”ONEのアイドル”リカ・イシゲに「打撃でKOし、印象を残す」

・【ONE】青木やDJの対戦相手も所属、標高1400mのフィリピン奥地 チーム・ラカイが東南アジア最強になった理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別