TOP > 試合結果個別

【ONE】日本人の母を持つジャネット・トッドがハイキックで鮮烈KO勝利

2019/10/13(日)UP

トッドが鮮やかなハイキックでKO勝利


ONE Championship

『ONE: CENTURY PART I』
2019年10月13日(日)東京・両国国技館

▼第9試合 ムエタイ 女子アトム級
○ジャネット・トッド(アメリカ)
KO 2R ※右ハイキック
●エカテリーナ・ヴァンダリーバ(ベラルーシ)

トッドのローキックに苦しげな表情のヴァンタリーバ(右)

 トッドはアメリカ人の父と日本人の母親を持ち、国際アマチュアムエタイ連盟(IFMA)のパンアメリカンムエタイ王座を2度獲得。今年2月にONEデビューを果たし、スタンプ・フェアテックスとのムエタイアトム級王座決定戦に挑むが判定負けを喫している。対するヴァンダリーバは今回がONE初参戦。両者にとってムエタイ女子戦線に名乗りを上げる一戦となる。

 1R、序盤から両者とも積極的に手数を出していく。ミドルキックや足を引っ掛けるようなインローのトッドに対し、バックブローも見せるヴァンダリーバ。多彩な蹴りを見せるトッドにヴァンダリーバは近づいてパンチのコンビネーション。

互いにアウレッシブに打ち合う

 2Rも両者前に出てパンチから蹴りのコンビネーションを果敢に出していく。組むとトッドは首相撲からボディへのヒザやヒジ。リーチで優るヴァンダリーバが長いパンチを当てるが、トッドはジャブから右ハイキック。これが直撃し、ヴァンダリーバはよろめくように2、3歩歩くと座り込むようにダウン。立つことができずトッドのKO勝利となった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE】平田樹がリカ・イシゲを圧倒、一本勝ちでデビュー2連勝も「寝技になっちゃってすみません」と反省

・【ONE】10.13両国のリングガールズは韓国美女「日本女性にも挑戦してほしい」

・【ONE】那須川天心、10.13両国大会の生中継に出演決定「飛び込んで掻き回したい」(動画あり)

・【ONE】青木やDJの対戦相手も所属、標高1400mのフィリピン奥地 チーム・ラカイが東南アジア最強になった理由

・【ONE】女子王者対決はアンジェラ・リーが一本勝ちでリベンジ&防衛に成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別