TOP > 試合結果個別

【ONE】V.V Meiがジェニー・ファンとの再戦を制しタイトルマッチへ前進

2019/10/13(日)UP

ジェニー・ファンと2年ぶりの再戦でも勝利したV.V Mei(右)

ONE Championship
『ONE: CENTURY PART II』
2019年10月13日(日)東京・両国国技館

▼第5試合 女子アトム級
○V.V Mei(=山口芽生/Riki Gym/和術慧舟會GODS/HybridFighter)
判定3-0
●ジェニー・ファン(Fairtex Gym)

入場パフォーマンスで空手の型を披露し気合いを入れるMei

 V.V Mei(=ヴィー・ヴィー・メイ、本名は山口芽生)は2007年にデビュー以来国内外の団体に参戦し、元DEEP JEWELSアトム級、元VALKYRIEフェザー級のベルトを獲得。これまで浜崎朱加やハム・ソヒ、そして女子アトム級王者のアンジェラ・リーなどと対戦するなど活躍してきた。ONEには2016年から参戦し現在3連勝中と波に乗る。この試合に勝てばタイトルマッチも見えてくるだけに確実にモノにしたいところ。

 対するファンは台北出身のファイターで柔道をバックボーンに2015年プロデビュー。寝技を武器にデビューから5連勝を続けたが、その後は4連敗。Meiとは2017年に対戦しており、2Rリアネイキッドチョークで敗れている。2年ぶりの再戦でリベンジを狙う。

 1R、細かく拳を上下に振りながらプレッシャーをかけるファンに、Meiは右ストレートを飛ばす。ファンがローキックを放つとMeiはその蹴り足を掴んでテイクダウン。すぐにバックにつくとマウントを奪取。しかしファンもハーフガードからクローズドガードととポジションを変える。下から寝技で仕掛けるファンにMeiは上から強烈なパウンド。Meiが上をキープしたままラウンドを終えた。

 2R、Meiのタックルを切ってファンは右ストレート。ファンの強烈なローが入るが、Meiがテイクダウンに成功。クローズドガードからパウンドを落とすがファンは立つ。Meiはストレートで前に出て再びテイクダウン。パウンドから立ったファンにヒザ。だがファンは強烈なロー、さらにMeiのタックルも切る。

 3R、互いに左右のストレート。Meiはタックルに行くもファンは切る。下がるMeiを追ってファンはストレートからロー。Meiの足が流れる。しかしファンがさらにローへ来たところをMeiはキャッチしテイクダウン。ハーフからパスしサイドポジションにつくと頭部へヒザをい入れる。ラスト1分でファンが立ち、再びスタンドへ。タックルに来るMeiをファンが切ったところで試合終了。

 判定は3-0でMei。再戦を制し4連勝を収めたMeiは試合後のマイクでアンジェラ・リーとのタイトルマッチを直訴した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【ONE・1部】女子王者対決はアンジェラ・リーが一本勝ちでリベンジ&防衛に成功

・那須川天心、10.13両国大会の生中継に出演決定「飛び込んで掻き回したい」(動画あり)

・10.13出場選手が意気込み、青木真也「何回試合しても怖い」V.V Mei「辞めずに続けてきた甲斐があった」

・【ONE】V.V Meiがジェニー・ファンに会心の一本勝ちで連敗脱出=2017年7月

・【ONE】テレビ東京系列で100回記念大会が放送決定、ネットでも配信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別