TOP > 試合結果個別

【ONE】4度目の対戦はビビアーノがチョークでベリンゴンを下し王座防衛

2019/10/13(日)UP

ビビアーノのチョークがガッチリと極まる

ONE Championship
『ONE: CENTURY PART II』
2019年10月13日(日)東京・両国国技館

▼コーメインイベント第9試合 バンタム級世界タイトルマッチ
○ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/王者)
一本 2R ※リアネイキッドチョーク
●ケビン・ベリンゴン(フィリピン)
※ビビアーノが防衛に成功

Photo by ONE Championship

 バンタム級タイトルマッチは4度目のリマッチ。王者であるビビアーノは柔術世界選手権3度優勝の寝技を武器に09年にはDREAMの初代フェザー級王座を獲得。2013年からONEに参戦し、同年にバンタム級王者となると7度の防衛に成功。その8度目の防衛を阻止したのがベリンゴンだった。

 挑戦者のベリンゴンはフィリピン出身で12年からONEに参戦。両者は16年に初対戦し、ビビアーノがキムラロックで一本勝利、しかし2度目となった18年はベリンゴンが2-1のスプリット判定で王座奪取に成功した。そしてラバーマッチとなった今年3月の両国大会ではベリンゴンが後頭部へのエルボーにより反則負けで王座がビビアーノへ移動。不完全燃焼の決着となっていた。真の決着戦ともいえる4度目の対戦を制すのはどちらか。

防衛成功したビビアーノがベルトを肩にかけてガッツポーズ Photo by ONE Championship

 1R、前足を上げ、前蹴り、ローを飛ばすビビアーノにベリンゴンはふくらはぎを狙うカーフキックを当てる。ビビアーノが速いタックルからテイクダウン。ハーフガードで固めてコツコツとパウンドを落とす。展開がないまま時間が過ぎ、ビビアーノが立ち、両者スタンドになったところでラウンド終了。

 2R、カーフキックはベリンゴン、もう一度蹴ったところをビビアーノが掴みケージに押し付けると今度は逆に後ろへ引き、後転するようにしてトップを奪取。さらに立とうとしたベリンゴンのバックを取りチョーク。ベリンゴンも粘るが最後はガッチリと入りタップアウト。決着戦を制しビビアーノが防衛を果たした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【前回の試合】ビビアーノ優勢もベリンゴンの反則で試合終了

・【ONE】テレビ東京系列で100回記念大会が放送決定、ネットでも配信

・那須川天心、10.13両国大会の生中継に出演決定「飛び込んで掻き回したい」(動画あり)

・【ONE・1部】岡見勇信がマレーシア人ファイター・ターニとの接戦を制しONE初勝利

・【予想】桜井マッハ速人が「ONE」青木真也vsバナリオを予想、リーが青木に勝った裏話も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別