TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】古瀬美月、接戦を制し9月DEEPに続く連勝

2019/10/22(火)UP

女子大生ファイター古瀬(左)が接戦を制した

DEEP事務局
『DEEP JEWELS 26』
2019年10月22日(火)東京・後楽園ホール

▼第3試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R 
●KAI (リバーサルジム 立川 ALPHA)
判定1-2 ※2者が19-19 古瀬、1者が19-19 KAI
古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)

左ハイを放つ古瀬をKAIの左ストレートが捉える

 空手をベースとするKAIは2014年からJEWELSに参戦するも両膝の手術で戦線を離れ、9月のキックルール戦で復帰(判定勝ち)。今回は約1年半ぶりのMMAファイトとなる。対する古瀬はAbemaTV『格闘代理戦争』準優勝のファイターで、9月8日のDEEPで1R TKO勝ちして連続出場となる。

 1R、KAIが前進して右ストレート・右クロスを当てる。古瀬はそこを組みつき、KAIを金網に押し込む。ブレークが掛かり再び打撃戦となると、KAIが左フック・右ストレートと上回って今度は古瀬を押し込む。KAIは古瀬の脚にヒザを当てていくが、展開が作れずレフェリーがブレーク。再度の打撃戦はKAIが左フック・左ストレートを当ててやはり優勢で初回を終える。

KAIを金網に押し込む古瀬

 2R、サウスポーに構えて左ハイを放つ古瀬だが、KAIの左ストレートがとらえる。古瀬はしかし組みつくと、鼻血の見えるKAIを金網へ押し込んでいく。古瀬は顔へのパンチとボディへのヒザを見舞い、KAIは出血が増してくる。古瀬は組みからの打撃を当ててペースを作り、離れても前蹴り・左ストレートとヒットを増やしていく。だが、KAIも左右の拳を振りながら試合終了まで前に出ていく。

 判定は19-19(マスト判定:古瀬)、19-19(マスト判定:KAI)、19-19(マスト判定:古瀬)の2-1で古瀬。接戦を制した。

 勝利した古瀬はマイクを持つと「11月、12月どこでもいいので試合をください」と年内のさらなる試合に意欲を見せた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・18歳の古瀬美月が18歳年上のKAIと対戦決定=10.22後楽園

・[前日計量]仮面女子・川村虹花が計量パス、現役JK永尾を「全力で倒しに行く」

・KINGレイナが体重超過で失格、代打で中井りんが緊急参戦

・[前日計量]王者・前澤智「選手は支えられ戦う」友人から贈られたパンツで計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別