TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】サオエークの右ハイキック一閃、小笠原瑛作が2RKOに散る

2019/11/01(金)UP

サオエークの右ハイで小笠原がダウン

ブシロードファイト
『KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN』
2019年11月1日(金)東京・後楽園ホール

▼第7試合 メインイベント 55.5㎏契約 KNOCK OUTルール 3分5R
●小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)
KO 2R2分29秒 ※右ハイキック
○サオエーク・シットシェフブンタム(タイ)

 小笠原は驚異的なスピードを武器にREBELS、KNOCK OUTで数々の強豪を撃破。新生KNOCK OUTのエースに就くべく8月の『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』ではKING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級の王座を争うトーナメントに出場したが、江幡塁にダウンを奪われリベンジならず、王座を逃した。今回が再起戦となる。

 対するサオエークは現ラジャダムナンスタジアム認定王者のサオトー・シットシェフブンタムの双子の兄であり、自身も元ラジャダムナン認定スーパーフライ級王者のキャリアを持つ。兄サオトーは10月の新日本キックのリングでラジャダムナン王座を江幡睦と争いドロー防衛を果たしており、兄弟揃って日本の強豪を迎え撃つ。

 スピードのある右フックから左ローのコンビネーションで攻める小笠原。ジワリとプレッシャーを掛けながらスピードのあるパンチを上下に打ち分け、左ストレートをボディに突き刺す。サオエークの手数は少なく、組みで距離を潰す。ジャッジ3名とも10-10のイーブン。

サオエークはこの右ハイキックでダウンを奪った

 2Rも小笠原から前に出るが、サオエークの手数が増え始め、右ハイキックで会場からどよめきが起きる。小笠原が気持ちを前に出しスピードのある攻めを見せるが、入り際にサオエークの横薙ぎの左ヒジで小笠原がダウンを奪われる。立ち上がった小笠原はペースを取り戻すべく上下のコンビネーションで前に出るが、再び入り際を狙うサオエークが右ハイキックを直撃させ、スネでアゴを打たれた小笠原は大の字にダウン。小笠原は10カウントの間に上体を起き上がらせることもできずカウントアウト。サオエークが前評判通りの強さを発揮しタイ人無敗の小笠原を一蹴。小笠原は8月の江幡塁戦に続く2連敗となった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・計量クリアした小笠原瑛作「僕の復活ロードを見に来て」

・小笠原瑛作&ぱんちゃん璃奈と『スターダム』岩谷麻優&中野たむが対談

・小笠原瑛作、元ラジャ王者に「ずる賢さでフィニッシュする」

・背水の陣を敷く日菜太「勝って世界に挑戦し悔いのないように」

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別