TOP > 試合結果個別

【ONE】“怪物くん”鈴木博昭、復活ならず、ムエタイに再び敗れる

2019/11/08(金)UP

トゥタカートンの左ミドルが鈴木を襲う

ONE Championship
『ONE:MASTERS OF FATE』
2019年11月8日(金・現地時間)フィリピン・マニラ モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by OneChampionship

▼ムエタイ・バンタム級
◯トズカタートン・ペットパヤタイ(タイ)
判定2-1
●鈴木博昭 (BELLWOOD FIGHT TEAM)

 鈴木は5月ONE王座に挑戦するも、王者ノンオーの右ミドルに封じ込められ完敗。今回はタイトル戦線へ再出発を期し、ムエタイ世界王者に2度輝き、242勝33敗2分という戦績を持つトゥカタートンと対戦する。

 1R、ともにサウスポーで鈴木は左ミドルとジャブで様子見する。打ち気なトゥカタートンが左ストレートを伸ばして距離が狭まり、鈴木は被弾しないよう警戒しながら自身もパンチを狙う。トゥカタートンも鋭い左ストレート、左フックを振るってくる。ラウンド終盤、ミドルのキャッチから鈴木は左右フックを連打で見舞い、トゥカタートンをヨロめかせて初回を終える。

 2R、左カーフキックを見舞い、鈴木はトゥカタートンに嫌がらせる。鈴木はトゥカタートンの左ミドルを右わき腹から背中にかけた部分でキャッチし、そこから流してパンチをリターンする。掴まれるため蹴り辛そうにするトゥカタートン。鈴木はキャッチの後で見舞った左フックをヒット。トゥカタートンは後退する。だが、トゥカタートンも左ストレートで鈴木に反撃。右わきから背中に掛けて真っ赤にする鈴木だが、プレッシャーを掛けトゥカタートンをロープに追い詰める。

 3R、鈴木はやはりトゥカタートンの左ミドルをキャッチして流し、ローキック・パンチを返す。後手となる鈴木にトゥカタートンは左ミドルと左ストレート。ロープにこそ詰める鈴木だが、そこから決定打を見舞えない。逆に前に出たトゥカタートンが右ショートストレート、左ストレートをヒット。鈴木は待ちの態勢になってしまい自ら打って出られない。トゥカタートンが蹴り足を獲って鈴木を転倒させる。

 判定は2-1でトゥカタートン。鈴木は復活勝利ならず連敗となってしまった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・20年4月5日に日本大会を開催、20年上半期スケジュール発表

・ロッタンがゴンサルベスに苦戦もスプリット判定で初防衛に成功

・賞金1億円トーナメントはペトロシアンが完封勝利で優勝

・那須川天心が目指すもの、ボクシングかキックか「時間がない」とも語る理由

・“怪物くん”鈴木博昭、ダウン奪って初陣飾る=2018年11月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別