TOP > 試合結果個別

【ONE】三冠へ、スタンプが驚異の実力を披露

2019/11/09(土)UP

二冠王の実力を見せつけたスタンプ(右)

ONE Championship
『ONE:MASTERS OF FATE』
2019年11月8日(金・現地時間)フィリピン・マニラ モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by OneChampionship

▼アトム級
◯スタンプ・フェアテックス(タイ)
判定3-0
●ビー・ニューイェン(ベトナム/アメリカ)

 ONEでムエタイとキックボクシングの二冠王者であるスタンプはMMA王座を獲得し三冠王者を目指している。対するニューイェンも9月にムエタイルールで勝利を上げており打撃を得意とするファイターだ。

ニューイェンのボディをヒザ蹴りで攻めるスタンプ

 1R、リング中央に立つスタンプに対し、ニューイェンは組みに出るが、首相撲の要領でニューイェンを崩し、逆にボディにヒザを打ち込む。しかしニューイェンは気持ちを切らさず、押し込みを強めてテイクダウンを狙う。だが、スタンプは腰の強さとバランスを発揮して立ち続け、ニューイェンの背後に回ってヒザを打ち込む。だが、ここはニューイェンが体を離す。
 打撃戦に戻るとスタンプは余裕ある見切りでニューイェンのパンチをかわす。右ミドルをキャッチされてもやはり足腰&バランスでスタンプは倒れない。スタンプは首ヒザからヒジ、右ストレートと攻撃を連打する。

 2R、ニューイェンが出てくるとスタンプはスッスッと下がって距離を保ち、接近戦では首相撲からのヒザ。バックブローを当てるニューイェンだが、これは当たりが浅い。
 ニューイェンのタックルを受け止め、スタンプはヒジを放って引き剥がす。ラウンド終盤、スタンプは右ミドルを放って前進し、右ストレート、右ヒジとニューイェンを攻める。

流血しながらも攻撃を続けたニューイェン

 3R、スタンプは間合いを保ちながら右ミドル。ニューイェンが組み、あるいはパンチを振るって出てきても適切にステップバックして距離を詰めさせない。ニューイェンが遮二無二左右のフックを振るってもスタンプは首相撲からのヒザで迎撃。
 スタンプはニューイェンが来ると首相撲でとらえてヒザ、そこからヒジ・ストレートと波状攻撃を見せる。鼻血の見られるニューイェンだが最後まで攻撃を振るって試合を終える。

 判定は3-0でスタンプ。ムエタイとキックボクシングに続き、MMAでもONE王者となるべくスタンプが底知れない強さを見せた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・女王スタンプが前進するユニクを振り切り初防衛=2019年6月

・女子王者対決はアンジェラ・リーが一本勝ちでリベンジ&防衛に成功=2019年10月

・10.13両国のリングガールズは韓国美女「日本女性にも挑戦してほしい」

・日系ハーフ美女リカがバンコク大会に出場「私は凄く進化した」

・【ボクシング】ドネア、アリトロフィーを井上尚弥に一晩借りる「息子たちとの約束」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別