TOP > 試合結果個別

【ONE】ムエタイ最高峰センマニー、苦戦もONE初勝利

2019/11/09(土)UP

「近代ムエタイの最高傑作」とも称されるセンマニー(左)がONE初参戦で勝利

ONE Championship
『ONE:MASTERS OF FATE』
2019年11月8日(金・現地時間)フィリピン・マニラ モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by OneChampionship

▼ムエタイ・キャッチウェイト(68kg)
◯センマニー・サティアンムエタイ(タイ)
判定3-0
●アジズ・ハライ(モロッコ)

 ムエタイにおいて現在最高額のファイトマネーを手にし、複数階級の王者となってきたセンマニーがONE初参戦。“マジシャン”をニックネームとするトリッキーなファイター、アジズと対戦する。

アジズがセンマニーの蹴り足をキャッチ

 1R、サウスポーのセンマニーにアジズが右ミドルを放って先制。アジズは続いてセンマニーの左ミドルをキャッチして足を払い転倒させる。センマニーはプレッシャーを掛けていくが、再びアジズが左ミドルをキャッチしてセンマニーをコカす。アジズはオープンフィンガーグローブの利点を活かし、三度(みたび)センマニーの蹴りをキャッチしバランスを崩す。頭部への後ろ回し蹴りも見せるアジズ。センマニーは度重なるキャッチでミドルが蹴り辛くなっているか。

 2R、センマニーは圧力を増して前に出る。だがアジズの右ストレートがとらえる。アジズは右インローを効果的に当てセンマニーの前進をけん制する。アジズは目線のフェイントが巧みでセンマニーに右ハイも当てる。
 しかしセンマニーは左インローを効かせてペースを引き戻す。組み合いになるとセンマニーがヒザを数多く繰り出し優勢。終了のゴングが鳴ると、両者とも手を上げ自身の優位をアピールする。

首相撲からヒザを当てるセンマニー

 3R、センマニーは左ミドルを飛ばしながら前に出る。アジズに蹴りをキャッチされるがこのラウンドは倒れず、逆にアジズを転倒させる。組み合いを有利と見たか、センマニーは首相撲へ持ち込みヒザを当てていく。
 ローを入れ組みつきを止めんとするアジズだが、百戦錬磨のセンマニーは止まらず、巧みに間合いを潰してアジズの良さを消していく。

 判定は3-0でセンマニー。曲者アジズに苦戦したもののONE初参戦で白星をあげた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・“怪物くん”鈴木博昭、復活ならず、ムエタイに再び敗れる

・三冠へ、スタンプが驚異の実力を披露

・元ルンピニー王者サムエーが左フック一閃でKO勝利、タイトル再挑戦を引き寄せる=2019年10月

・賞金1億円トーナメントはペトロシアンが完封勝利で優勝=2019年10月

・【MAS FIGHT】ブアカーオが初出場でKO勝ち、239勝目をカンボジアで挙げる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別