TOP > 試合結果個別

【K-1】江川優生、決勝は最短の60秒KOで完全制覇しフェザー級新王者に(動画あり)

2019/11/24(日)UP

江川優生が圧巻の秒殺KOでトーナメント制覇、フェザー級新王座に就いた

K-1実行委員会
『“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」』

2019年11月24日(日)横浜アリーナ

▼第18試合 K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦 3分3R・延長1R
〇江川優生(日本/POWER OF DREAM)
KO 1R 1分0秒 ※左フック
●ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
※江川が新王者に

 先に入場の江川は1回戦、準決勝をともに圧巻の1R KO。余力十分で決勝に臨む。対するジャオスアヤイは1回戦こそ秒殺だったが、準決勝は延長Rに至る消耗戦の末に勝ち上がり。第3代フェザー級王者となるのははたしてどちらか。

江川の連打にたまらずダウンしたジャオスアヤイ

 1R、江川は倒す気の表れか、インロー、前蹴りと放って前に出る。ジャオスアヤイはジャンプしての顔面前蹴りを繰り出すが、江川はグローブで顔を守る。ジャオスアヤイをロープに詰めた江川は左右ボディフックを猛連打。そして右ローから右フック・左フックとフォローしファーストダウンを奪う。

ベルトを巻いた江川は満面の笑顔を見せた

 立ち上がったジャオスアヤイを江川は逃がさずに向かい、ローから左右のフックをボディ・顔面と連打。ジャオスアヤイがたまらず倒れ、江川の優勝=王座戴冠が決定した。

 3試合1RKOで圧巻の優勝を決めた江川は対戦した3選手、トーナメント出場選手に感謝を述べ、「本当にこのベルトを獲るのが夢でした」と喜びを噛み締める。そして古川会長や家族、ジムの仲間に感謝を告げ、「K-1最高!」の叫びで大会を締めた。

▼この試合の動画

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[準決勝]江川優生がバックスピンキック一閃、2連続KOで決勝進出(動画あり)

・[1回戦]江川優生、左ボディの圧巻初回KOでバレラに勝利

・[準決勝]ジャオスアヤイが延長戦で卜部弘嵩を振り切り決勝進出(動画あり)

・武尊が村越優汰の徹底した対策に苦しみながらも判定勝利

・皇治がまさかのダウンも“パンクラスの悪童”川原誠也に逆転KO勝利(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別