TOP > 試合結果個別

【K-1】“格闘代理戦争”出身対決は再び松本日向が橋本実生に勝利(動画あり)

2019/12/28(土)UP

松本(左)が橋本(右)に2度目の勝利を収めた

K-1実行委員会
『“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋” 「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」』

2019年12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

▼第1試合 スーパーファイト -53kg契約 3分3R延長1R
○松本日向(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
延長判定3-0 ※三者とも10-9
●橋本実生(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
※本戦判定は29−29、30−28、29−29

 ともにAbemaTVのプログラム「格闘代理戦争」出身の両者は9月のKHAOSでデビュー戦ながらもメインイベントに抜擢を受け対戦。延長におよぶ超接戦の末、松本が勝利した。いきなりのK-1本戦でダイレクトリマッチが決まったが、松本の返り討ちか、あるいは橋本のリベンジか。

 1R、松本は開始から打って出て右ストレート、左フックで襲い掛かる。サウスポーの橋本は後手となるが右ミドル、左ストレートで迎え撃つ。橋本はカウンターの左ストレートで松本を捉える。だが、松本は出入りの速いファイトを変えず、箸音もやはりカウンターを狙う。

 2R、橋本の右フック、左ストレートとカウンターが松本をとらえ始める。ステップでリングを軽快に回る橋本をしかし松本も右のストレート、ハイと放って追っていく。右フックでのカウンター狙いの橋本に松本は右ストレートを当て、これに橋本は崩れてマットに手を着くが、レフェリーはこれをダウンに取らない。

 3R、距離を詰めパンチの連打で迫る松本を橋本は組んで押さえ、これにレフェリーから注意を受ける。橋本は松本のステップインに合わせた右フックを決め松本を一瞬崩すが、これはノーダウン。ラウンド最後は松本が左フックと右ハイキック、橋本も左ハイに左フックと当てるが、どちらも大きなダメージはない。

 判定は29−29、30−28、29−29で一票松本に入るもドロー。今回も延長戦で勝負を決することとなる。

 延長R、松本の前進を持て余すように橋本は受け止める。橋本はしかしこれで止められず、右ストレートをクリーンヒット。その後も積極的な姿勢を崩さず、橋本は組みつきにレフェリーから警告を受ける。松本はその後はクリーンヒットはなかったが、前に出て先手で攻める姿勢を継続し試合終了。

 3者が判定10−9で松本を支持し、9月のデビュー戦に続き橋本に勝利した。

▼この試合の動画

●編集部オススメ

・今大会の全試合結果&試合レポート

・松本日向、武尊二世・橋本実生に「常に自分が攻め続けて終わらせる」

・松本日向が橋本を延長判定で下し勝利の雄叫び、対抗戦は代理戦争が勝利=2019年9月

・橋本実生、松本日向との再戦は「判定じゃつまらない」とKOで復讐誓う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別