TOP > 試合結果個別

【K-1】武居由樹が3度ダウン奪取、最終R大苦戦も判定で振り切る(動画あり)

2019/12/28(土)UP

超激闘型のムエタイ戦士スリヤンレックのボディに、パンチを打ち込む武居

K-1実行委員会
『“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋” 「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」』

2019年12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

▼第12試合 スーパーファイト -56kg契約 3分3R・延長1R
〇武居由樹(日本/POWER OF DREAM)
判定3−0 ※30−25、30−24、30−25
●スリヤンレック・オーボートー.ガムピー(タイ/オーボートー.ガムピージム)

 今年4戦4勝4KOと絶好調の武居に用意されたのは、超激闘型のムエタイ戦士スリヤンレック。前蹴りとパンチを主武器として打ち合いで一歩も引かないアグレッシブファイターだが、スーパー・バンタム級の絶対王者・武居はいかに迎え撃つか。

 1R、右ローに威力を感じさせるスリヤンレックだが、武居は左ミドルをわき腹に打ち込んで効かせ、そこから左右ボディフックをフォローしてスタンディングダウンを奪う。武居はすぐに再び向かい、飛びヒザから左ショートフックを繋いで2度目のダウンを奪取する。
 このままKOするかに思われた武居だが、スリヤンレックは振り回すような読みづらいパンチで反撃。この右フックで武居をとらえる。パンチが空振りとなっても続けてのインローを武居に決めるスリヤンレック。武居も左右フックで攻めるがスリヤンレックは初回を乗り切る。

 2R、前に出てくるスリヤンレックに対し、武居はステップでリングを回る。スリヤンレックは左右フックを大振りするが武居は当てさせず、右フック、左ボディフックで攻める。
 変わらず全力のフックを左右振り回すスリヤンレック。だが武居はこれを当てさせず、スリヤンレックの右ミドルに右フックをカウンターしてこの試合3度目のダウンを与える。だがスリヤンレックは立ち上がるとさらに前進して武居に迫る。

スリヤンレックの右ストレートが武居を襲う

 3R、ヒット・アンド・アウェイを見せる武居だが、スリヤンレックが前に出てプレッシャーを掛けてくる。しかし武居はコーナーから足を使って逃れ、左ハイを当ててスリヤンレックが流していた鼻血を激しくさせる。
 だがここでスリヤンレックはボディストレートを効かせて流れを変え、武居を追う。武居がカウンター、ヒザを入れてもスリヤンレックは強打を振るってダウンを奪い返さんとする。武居はダメージの影響かフットワークするも脚がもつれる。そしてスリヤンレックの右ストレートで武居はリングに手を着く場面も見られる。

 判定は30−25、30−24、30−25の3−0で武居。3Rに危うい場面を見せたが振り切った。

▼この試合の動画

●編集部オススメ

・今大会の全試合結果&試合レポート

・[計量]武居由樹がピリピリモード「僕だけが当てる」とタイの強豪に圧倒宣言

・武尊vs江川優生、超エキシビションな攻防を展開(動画あり)

・武居由樹、内山高志直伝パンチでKO宣言、白熱スパーも(動画あり)

・不可思が名古屋の先輩・大和哲也にKO勝利、涙ながらに思いを語る(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別