TOP > 試合結果個別

【BELLATOR JAPAN】矢地祐介、逆転のサッカーボールキックKOで連敗脱出

2019/12/29(日)UP

矢地が上迫とのライト級サバイバルマッチを制した

Bellator / RIZIN FIGHTING FEDERATION
『BELLATOR JAPAN』
2019年12月29日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第14試合 RIZIN提供試合RIZIN MMAルール 5分3R(71.0kg)※肘あり
〇矢地祐介(KRAZY BEE)
KO 3R 4分36秒 ※サッカーボールキック
●上迫博仁(和術慧舟會HEARTS)

 RIZINの中量級エースを期待されながら現在3連敗中の矢地に、ライト級GPに選出されながらも1回戦敗退となってしまった上迫。ライト級サバイバルマッチを制するのはどちらとなるか。

 1R、距離を取り左ミドルを飛ばすサウスポーの矢地に対し、上迫は右ストレートで迫っていく。上迫は前に出てプレッシャーを掛け、矢地を金網際から逃さない。しかし上迫がそこから組みついても矢地はテイクダウンには至らせず体を離す。ラウンド終盤には矢地も左ストレート、右フックと上迫に当てる。目周辺から出血の見られる上迫。

 2R、上迫はこのラウンドも前に出て矢地にプレッシャーを掛ける。そして右のパンチを主体に矢地に迫る。だが矢地も左ストレートで反撃。打撃戦となり中盤は両者探り合いとなるが、ラウンド後半、上迫は右フックを連続で当て矢地をダウンさせる。そこからパウンドで追撃するが、矢地も抱え込んで強打のヒットは許さない。

矢地のキックが上迫の顔を直撃

 3R、上迫は依然前に出てプレッシャーを掛けパンチを放つ。上迫はジャブ・右フックと戦法を変えず、矢地を攻める。矢地の左ストレートをもらっても前に出て、それが功を奏し矢地を攻勢に移らせない。残り時間が少なくなり、このまま上迫の判定勝ちかと思われたが、矢地は右フックを当てて上迫をダウンさせ、サッカーボールキックで追撃。試合最終局面で大逆転のKOを決めた。

 矢地は「去年ぐらいから負けが込んで苦しい日が続いたんですけど、負けてる時でもチームメイト、出稽古先のみなさん、家族、スポンサーのみなさんが応援してくれて、大きな舞台で勝てて嬉しいです。ありがとうございました。また応援よろしくお願いします」と喜びの声を響かせ、帰りの花道では涙も光らせた。

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果・レポート・写真

・[計量]矢地祐介が鍛え上げた肉体披露、対する上迫「100%倒しに行く」

・矢地祐介、出すか”グラップラー刃牙”の技「何が出るかお楽しみに」

・あいがアンディ・ウィンに競り勝ち5連勝を飾る

・12.31 朝倉海「最後KOになれば」ケイプ「いい作戦を立てた、2Rに勝つ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る




TOP > 試合結果個別