TOP > 試合結果個別

【RIZIN】“ピットブル”・フレイレがグスタボに噛みつき26秒瞬殺KO、ムサエフの待つ決勝へ

2019/12/31(火)UP

フレイレが衝撃の26秒KOで決勝進出

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.20』
2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナ

▼第2試合 RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント準決勝 RIZIN MMAトーナメントルール 5分3R(71.0kg)
●ルイス・グスタボ(ブラジル/エヴォルサオ・タイ)
TKO 1R 0分28秒 ※フック連打→レフェリーストップ
○パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ(ブラジル/ピットブル・ブラザーズ)

わずか26秒でレフェリーストップ

 2019年10月の「RIZIN.19」より始まったライト級トーナメントの準決勝。グスタボは1回戦で上迫博仁を大流血させTKO勝利、フレイレは川尻達也を飛びヒザ蹴りからの鉄槌連打で粉砕と、両者日本人ファイターを撃破しての準決勝進出を果たしている。トフィック・ムサエフの待つ決勝に歩を進めるのは”殺し屋”グスタボか”闘犬”フレイレか。

 1R、両者オーソドックス。グスタボの右ローにフレイレが左右のフックを合わせるとグスタボがバランスを崩し後退。仕切り直したグスタボが右ミドルを放つと、再びフレイレの右フックがグスタボの顎をとらえグスタボが尻もち。ロープに後ずさりするところをフレイレがサッカーボールキックで追撃する。

 逃げるグスタボをコーナーに詰めたフレイレは左右フックの連打を浴びせると、たまらず座り込んだグスタボを救い出すようにレフェリーが割って入りストップ。ブラジリアンファイター同士の一戦はわずか26秒でフレイレがグスタボを粉砕し、決勝進出を決めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前回の試合]川尻達也、ライト級GP大本命フレイレのヒザと鉄槌に沈む=2019年10月

・[前回の試合]“ヴァンダレイの後継者”ルイス・グスタボが上迫博仁をTKOで下し一回戦突破=2019年10月

・朝倉未来が鋭い眼光でマカパを睨みつける、大将として決戦の舞台へ=前日計量

・【BELLATOR JAPAN】連敗脱出の矢地祐介「長い暗いトンネルがあったからこそ、楽しめた」

・山本美憂、気合いの赤いビキニで仕上がりアピール=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別