TOP > 試合結果個別

【RIZIN】ジェイク・ヒューンが石井慧を圧倒、衝撃の右アッパー一撃でKO勝利

2019/12/31(火)UP

1Rで石井を倒したヒューンは歓喜

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.20』
2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナ

▼第6試合 RIZIN MMAルール 5分3R(105.0kg)※肘あり
○ジェイク・ヒューン(米国/アブソリュートMMA)
TKO 1R 1分24秒 ※右アッパー
●石井慧(チーム・クロコップ/HEAT総合ルール・ヘビー級王者)

ヒューンの右アッパーがヒット

 2018年9月にRIZIN初参戦以来、イリー・プロハースカ、ロッキー・マルティネス、ビタリー・シュメトフと激戦を繰り広げたヒューンが4度目の参戦。2017年4月以来の参戦となる石井慧は国籍をクロアチアに移し海外で連戦。2年半ぶりのRIZINのリングで捲土重来を期してヒューンと激突する。

 石井がサウスポー。ヒューンを中心に石井が左に回るところを、ヒューンが右ミドルで行く手をふさぐ。長いリーチのパンチでプレッシャーをかけたヒューンは青コーナー付近で斜め下からの右アッパーを突き上げると、石井の顎が跳ね上がり真後ろにダウン。ヒューンが覆いかぶさり追撃をしようとした瞬間にレフェリーが割って入り試合をストップした。

 ヒューンはマイクを握ると観客に向け「みなさんのことを愛しています!」と上機嫌。そして「ちょっと早いですが新年のお祝いであとでビールを飲みましょう!」と観客へ一足早い新年の挨拶を送った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・”愛の戦士”シュメトフにヒューンが肘を叩き落としTKO勝利

・石井慧が大みそかにシュメトフに勝利のジェイク・ヒューンと対戦決定

・[石井のRIZIN前戦]石井慧が連敗を3でストップ、ヒーリング破る=2017年

・朝倉海とケイプが火花バチバチ「自分が真の世界チャンピオン」(ケイプ)

・浅倉カンナ「極めることが出来たので、良い年を越せそう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別