TOP > 試合結果個別

【ONE】高橋遼伍、ロー効かせるもタン・リーのストレートで初回KO負け

2020/01/10(金)UP

リーの左が高橋にヒット

ONE Championship
『ONE: A NEW TOMORROW』

2019年1月10日(金)タイ・バンコク インパクト・アリーナ
Photo by ONE Championship

▼フェザー級
○タン・リー(ベトナム/アメリカ)
KO 1R 2分51秒
●高橋遼伍(日本/KRAZY BEE)

 LFAフェザー級チャンピオンで2019年5月よりONEチャンピオンシップに参戦のタン・リーと元修斗環太平洋フェザー級王者の高橋遼伍が対戦。

 高橋はこれまで多くの対戦相手の足を破壊してきたローキックを武器に、昨年5月のONEデビュー戦を1RKO勝利で飾り、会見イベントでは今回も「得意のカーフキックを炸裂させる」と予告している。

 1R、オーソドックスの高橋、サウスポーのリーでスタンドの攻防からスタート。

 テコンドーのステップで遠い距離からミドルやハイを打つリー、高橋はインローで返す。

 前手を触り距離を探る高橋、スイッチをしたリーに対し強烈な得意のローキック。これを嫌がったリーは再びサウスポーに戻す。

 サイドキックを放ったリーが続けて左ミドル。これををキャッチした高橋が左フックで飛び込むも、リーも手を出し高橋がバランスを崩す。

 立ち上がり際の高橋にリーの右ストレートがヒットしダウン。追撃を狙うリーが膝、パンチを叩き込み左ストレートを打ち抜くと、高橋が再びダウンしレフェリーが試合を止めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・高橋遼伍がカーフキック宣言、崖っぷちの健太は「噛みついてビッグサプライズ」=1.10バンコク

・三浦彩佳が得意のアームロックで3連続一本勝ち

・ムエタイ&キックの世界女王スタンプ、MMAベルト獲得をファンに約束

・王者ロッタンに前王者ハガティーが敵地でリマッチ「タイでの試合に興奮している」

・【レスリング】高橋昭五が優勝で五輪に前進、ONE参戦中の兄・遼伍と世界頂点への誓い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別