TOP > 試合結果個別

【RISE】新鋭・KENTAがオーバーハンドフックの嵐で逆転KO勝利

2020/01/13(月)UP

右フックで逆転KO勝利したKENTA(右)

RISEクリエーション
『RISE 136』

2020年1月13日(祝・月)東京・後楽園ホール

▼第1試合 ライト級(-63kg)3分3R
○KENTA(HAYATO GYM/JAPAN CUP 2016 -65kg級優勝)
TKO 3R 1分18秒 ※右フック
●畑中健太(蹴空ジム)

 北海道出身の畑中は、直近2戦はいずれも1RKO勝利と強打を誇る。対するKENTAも2連続KO勝利中と、目が離せない一戦。

1Rでは畑中(左)がKENTAからダウンを奪う

 1R、ローの蹴り合いから畑中がパンチ連打で詰める。ハイキックしたKENTAの蹴り終わりに合わせて、畑中が右ボディからの左フックを入れるとKENTAがダウン。畑中が素早いフックの連打で仕留めにかかるが、KENTAは冷静にガードをして凌ぐ。
 打ち疲れた様子の畑中に、KENTAの打ち下ろすような右フックが入ると流れが変わった。効いたのか足元フラつく畑中が防戦一方となり、KENTAはヒザからのフックを連打するがここでゴング。

強い蹴りを放っていくKENTA

 2R、ジャブから右ローと冷静に距離を測るKENTA。畑中は中に入れない。KENTAはロー、ミドル、ハイと蹴り分け手数の多さが目立つ。

 カウンター待ちの畑中に、KENTAの打ち下ろしの右フックが2連続で入り、畑中がダウン。KENTAは隙を見て右フックで仕留めようとするが、畑中も落ち着いて当てさせない。

畑中のダウンにレフリーが試合を止めた

 3R、KENTAがミドルを蹴ると、蹴り下ろしながらのオーバーハンドの右フックをクリーンヒット。虚を突かれた畑中がヒザをつく。畑中はすぐに立ち上がるが、目の焦点が若干合っていない。KENTAはロー、ミドル、ハイと蹴り分けてからの右オーバーハンドを入れると畑中はたまらず崩れ落ち、レフェリーが試合を止めた。倒し倒されの激闘をKENTAが制した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・世界2位・志朗に挑む、京谷祐希「一瞬のミスで決まる、剣の斬り合い」=前日計量

・人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別