TOP > 試合結果個別

【RISE】北井智大、“怒突き合いお兄ちゃん”髙橋一眞をKOで決勝に進出

2020/01/13(月)UP

豪快にパンチを振るう北井

RISEクリエーション
『RISE 136』

2020年1月13日(祝・月)東京・後楽園ホール

▼第2試合 RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○北井智大(チームドラゴン/ライト級3位)
KO 2R 2分16秒 ※左フック
●髙橋一眞(真門ジム/NKBライト級王者)
※北井が決勝戦に進出

キックで攻めていく髙橋

 RISE WORLD SERIES出場決定を懸けたトーナメント準決勝は、RISEが誇る激闘派・北井と“怒突き合いお兄ちゃん”の異名を取る髙橋の一戦。

 1R、髙橋が左インローを連発して様子見する。北井はしかしあまり気にとめず、左フック・右ストレートと振るっていく。しかし髙橋は打ち合いに乗らず、左ミドル・ローと蹴りの距離を保ち、ロングの右フックを返す。

前に出て攻める北井

 北井は踏み込んでの右ストレートと左フックを続行し、そこから繋げた右ストレートでとらえて髙橋の動きを一瞬止める。髙橋はガードからヒザとストレートを返して反撃。北井は被弾も見られるが右ストレートと左フックでさらに攻めて終える。

 2R、髙橋はローを入れ、蹴りの距離をキープして戦おうとするが、北井の右ストレートが打ち抜きダウン。
 顔をしかめて立ち上がる髙橋。北井は当たっている右ストレートを中心に髙橋を再び攻める。北井はグイグイ前に出て、左ボディ、右ストレートとさらに当てる。高橋も右ボディフック、ヒザと反撃するが、北井は左フックで髙橋に2度目のダウンを与え、ここでノックアウト勝利となった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・世界トーナメント挑戦権の獲得へ、4選手が計量パス「怒突き合いしましょう!」(北井)

・白鳥大珠、チャド・コリンズらが参戦『RISE WORLD SERIES 2020』が-63kgで開催決定

・秀樹が“過去1”の集中で決戦へ、原口健飛に「当てられる前に倒す」=前日計量

・人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別