TOP > 試合結果個別

【RISE】直樹、北井智大を粉砕KOで世界トーナメント出場決定

2020/01/13(月)UP

直樹が右ローを蹴り込む

RISEクリエーション
『RISE 136』

2020年1月13日(月・祝)東京・後楽園ホール

▼第7試合 RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント決勝 33R延長2R
北井智大(チームドラゴン/ライト級3位)
KO 2R 2分50秒
〇直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/ライト級4位、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)

 北井は髙橋一眞を2R KO、直樹は山口侑馬を3R KOと、ともにKOで準決勝を上がった両者による決勝となる。

 1R、左右に構えをスイッチしながら直樹は北井と向き合う。上体を振り、前蹴り、右クロスと繰り出し、北井はさっそく直樹に襲い掛かる。やや北井の右ローを気にする素振りを見せる直樹。北井もそれを見逃さず、右ローからワンツーを飛ばす。北井は左右ボディフックから右ストレートと攻撃を散らす。ジャブを突き、自身も右ローを返す直樹。しかし北井が右クロスで連続してとらえ、直樹は腰が落ちかける。だがジャブを連続して当て直樹は北井を下がらせる。しかし、ラウンド最後は北井が左ボディフックから右ストレートを繋ぎ、直樹を襲って終える。

 2R、北井はこのラウンドも右ストレート、左フックと好戦的に前に出る。だが直樹もこれに応じ、ワンツーと左フックで逆に北井を効かせて下がらせる。しかし北井も打ち合いを望むところとばかり前に出る。直樹は左フック、ショートアッパーでとらえ、攻勢となってくる。北井も左フックを返すが、直樹の勢いが勝ってくる。直樹はボディへのヒザ、ボディフックから右ストレートと打ち込み、スタンディングダウンを奪取。

直樹のパンチでマットに沈む北井

 再開すると直樹は冷静にジャブから右ロー、左右フックに右クロスと打ち分け、北井に2度目のダウンを与える。

 立ち上がる北井だが足がフラつく。直樹は左フックと右ストレート。北井はしかし前に出て打ち合う。だが直樹が右ストレートから左フックを決めたところでレフェリーが試合をストップした。

 -63kg世界トーナメント進出を決めた直樹は、「マイク持てて良かったー! KOしたんでちょっと長めで喋っていいですかね?」と喜びを表し、 「次、大阪で遠いんですけど、応援来てくれるでしょ、みんな。世界トーナメント必ず優勝するので、応援お願いします。僕の階級のタイトルマッチ、俺抜きでやるのおかしいでしょ。今年中にRISE60kg63kgのベルトを獲るので、俺のこと注目しておいてください」と年内のRISE2階級制覇を予告しリングを後にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・直樹が闘牛士さながらのKO勝利、猛進の山口侑馬を下し決勝戦に

・再起戦の志朗が壊し屋・京谷祐希に僅差判定勝利

・北井智大、“怒突き合いお兄ちゃん”髙橋一眞をKOで決勝に進出

・白鳥大珠、チャド・コリンズらが参戦『RISE WORLD SERIES 2020』が-63kgで開催決定

・人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別